FC2ブログ

ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

パソコン復活!難所の続きです☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月4、5、8、12、16、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

パソコンが復活しました~

とりあえずの応急処置ですが、メールの受信も出来るので、
予約のお問い合わせも可能ですよ

大変ご迷惑をお掛けしました


昨日は、メールの返信が来ないと、お電話で連絡をしていただいた、
大阪のMさま、大変ご迷惑をお掛けしました

今日、ご予約の詳細と、近辺のガイドマップを郵送しましたので、
今週中には届くと思いますよ
待っていて下さいね

来月、お逢いできる日を楽しみにしています

CF5889.jpg

屈斜路湖周辺では、ただ今ジャガイモの花が満開で綺麗ですよ

CF5867.jpg

CF5864.jpg

国道から、一本裏道を入ると、
小高い丘になるので、屈斜路湖の湖面まで見えるのです

CF5872.jpg

CF5878.jpg

一面緑の畑は、家畜用のデントコーン畑です
夕日を浴びて、綺麗に輝いていました

CF5882.jpg

遠くに見える、ぽっこりとした山は丸山です
源流コースで行く、鏡の間は、あの山の麓にあるんですよ

CF5869.jpg

いつもは、川にお仕事で通勤?するだけですが、
こうして、写真を撮りながら、輝く季節を体感する事は大切ですね
一瞬の夏ですからね

CF5899.jpg

平日の夕方、人の匂いがしな屈斜路湖は、
特別な場所になっていましたよ

CF5884.jpg

私は、この風景を見るために生まれてきたのかな?

CF5891.jpg

そんな事を感じさせる、
魂が風景の中に溶けてしまうような瞬間が、ここにはあるのです

CF5889_20130724211607.jpg

人間は、ちっぽけな生き物だということ。
自然に生かされているということ。
大切な事を忘れてしまった人間が、
自然に対する謙虚さを、思い出させてくれる場所です

CF5887.jpg

豊かな水と、緑、太陽の光、すべて人間に必要な素材が、
ここには揃っているんだと思います

CF5893.jpg

この瞬間に感謝しながら・・・

CF5895.jpg

勝手なことばかりする、おろかな人間をお許し下さい

CF5900.jpg

と、神々しい風景を眺めながら、
自然界の神様に対しては、とても申し訳ない気持ちになるのでした

CF5897_20130724212629.jpg

CF5892.jpg



そして、ここからは、先日の続きに入ります

今週末の、ツーリングカヌー搬送のお客様、
27日は神奈川のNさん、28日は15年前に下ったことのあるOさん、
お電話ありがとうございます

21日のブログに、美留和橋~摩周大橋までの画像をUPしましたが、
さらに追加で、厳しい画像をUPしますね

ここが、昔から有名な難所の土壁です

CF5820.jpg

CF5819.jpg

土壁の左岸に上陸しました。
平塚は、上流から降りてくる、新谷さんを撮影中

CF5821_20130724214514.jpg

流れが速いので、土壁手前の倒木に張り付かないように、
注意ですよ

CF5829.jpg

さすが師匠~カッコイイです

CF5831_20130724215234.jpg

しかし、今の難所は、この上流になりますよ

CF5743_20130724214836.jpg

右奥の木に吸い込まれるコースになっているので、
かなり手前に、危険を知らせるピンクテープを張りました

CF5729_20130724214843.jpg

下流から撮影してるので、上流から下ると、左側にテープが付いていますよ

CF5704_20130724214839.jpg

私達は、カナディアンカヌーだったので、浅瀬から左岸にポーテージをしましたが、
水位によるので、この判断は、川の状況によって、随時変わってきます。

CF5750_20130724220154.jpg

CF5707_20130724214841.jpg

もう一艇には、重たい私を乗せたまま左岸へ移動です

CF5761_20130724220458.jpg

結構な水圧なので、流されないように注意です

CF5763_20130724220457.jpg

左岸に渡っても、難所は続きます。。

7210153.jpg

倒木に激しい流れが向っているので、絶対張り付きたくありません

CF5786.jpg

私達は、左岸から倒れる木に張り付かないように、右岸に上陸しました
この先が、土壁になります

CF5800.jpg

危険地帯ですが、ここで巨大蕗を発見です

CF5810.jpg

今晩のおかずにゲットしました~

CF5813_20130724225047.jpg

湧き水が流れこんでいるので、足が冷たいよ~
新谷さんは、クレソンもゲットしていました

CF5812.jpg

ここから見る土壁です。
左岸に向って漕ぎました

CF5816.jpg

CF5820.jpg

その先は、こんな感じですが・・・

CF5825_20130724225054.jpg

川底には、なんと、カナディアンカヌーのかけらが・・・

CF5838.jpg

カヌーの墓場にひっかかり、大破して、
釧路川のもくずになってしまったのですね

CF5837.jpg

難所を抜けると、少しほっとする風景になりますが・・・

CF5843.jpg

CF5850.jpg

今度は、組み立て式のカヌー、
ファルトの残骸が木にひっかかっていましたよ

CF5844.jpg

難所からここまで流されて来たんですね。。。
はぁ恐ろしい

CF5845.jpg

川幅も広くなり、人工的直線になると、青い水管橋が見えてきます

7210174.jpg

青い水管橋は、右側を通過します

7210160.jpg

ちょっとした瀬があるので注意して下さいね。
(下流から見ています)

7210169.jpg

そして、見えてきましたよ

7210173.jpg

ゴールの摩周大橋です

7210180.jpg

橋手前には、カヌーポートが左岸にありますが、
浅瀬になっているので、小さな中島を迂回して上陸しました
右岸にも上がることが出来ます。

7210179.jpg

変なテントがいました

7210182.jpg

カヌーポートには、こんな看板が。。。

7210184.jpg

町を抜ける、万翠橋の先には・・・
(下流から見る橋の画です)

CF5912.jpg

町中は、水路のような釧路川・・・
人工的な瀬の先には・・・

CF5913.jpg

人間が作っている、恐ろしい川が待っていました

CF5915.jpg

なんだこれは・・・最悪な状態です。。。

CF5916.jpg

この先にも難所はありますが・・・

CF5922.jpg

釧路川の源流、屈斜路湖からキャンプしながら川旅をする皆さんにとって、
年々悲しい川になってしまいましたね


こんな状況なので、
私達の搬送サービスを上手く使って、
スキップしながら、川旅をした方が懸命かもしれません


詳しくは、来てから相談しましょう

ファルトの保管、了解しましたので、
また連絡しますね


次回もお楽しみに

PageTop

美留和橋~摩周大橋へ!

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月8、14、15、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

今週末に、関東からツーリングカヌーをする人が来るので、
今日は、美留和橋~摩周大橋までの、難所を下見してきましたよ

CF5480.jpg

この赤い橋は、源流半日コースのゴール地点、美留和橋です

CF5482.jpg

今日は、その下から摩周大橋までの約14キロを下ってきました
このコースは、カヌーの墓場と呼ばれる難所がある、
とても難しいコースです
お客様を連れては行けない場所です

7210113.jpg

平塚と私がペアを組み、私の師匠、新谷さんがソロ艇で乗り、
カナディアンカヌー2艇でスタートしました

7210108.jpg

CF5488.jpg

しばらくは、人工的ですが、気持ちの良い川幅の直線が続きます

CF5483.jpg

気温は22度
さわやかな風が吹き、心地良い気分になりましたよ

CF5494.jpg

しかし、下って直ぐに、大きなゴミを発見です
見逃すわけには行かないので、回収しようとしたら、
ゴミ袋が破けてしまいました・・・

CF5484.jpg

袋の中身は・・・
エビチリのソースやら、醤油、瓶詰めの梅、オリーブオイル等など・・・
中身が入ったまま、捨てている奴がいて、最悪ですよ
きっと分別に困って、橋の上からポイッと捨てちゃったんだろうな・・・
許せないよ~
スタートして直ぐに、新谷さんのカヌーは醤油だらけになりました

CF5632.jpg

せっかく良い気分でスタートしたのに、
最悪な気分になりました
発砲スチロールも、ちょこちょこひっかかっていました・・・

CF5497.jpg

ゴミを拾い、悲しくなっていると、
今度は木々の間から、オジロワシが飛び立ちましたよ
源流では、しばらく見ていなかったのですが、
カヌー業者が来ない場所で、頑張って生活していたのですね
オジロワシを見て、心が救われました

CF5490.jpg

アオサギさんや、ヤマセミにも沢山出会いながら、
いよいよ倒木地帯に突入します

CF5498_20130721203529.jpg

CF5499.jpg

広い直線が終わると、急に川幅が狭くなります

CF5501.jpg

釧路川の特徴は、川原が無い事です
直ぐに木が生えているので、なかなか上陸できません

CF5514.jpg

CF5507.jpg

左右から倒れている木の下をくぐり~
川下に隠れている、沈木に注意しながら進みます

CF5522.jpg

CF5517.jpg

7210123.jpg

7210121.jpg

CF5530.jpg

前半は、それほど嫌味な倒木は無いのですが、
一瞬行き止まりなのでは??
と、ドキッとする場所もあるので、注意して下さいね

CF5517.jpg

CF5538.jpg

CF5539.jpg

しばらくすると、鉄橋があります

CF5523.jpg

CF5527.jpg


川幅も狭くなったり、広くなったり、
ホコットする風景もあり、気持ちは忙しいですよ

CF5554.jpg

7210137.jpg

7210114.jpg

下っていると、豊かな風景もあり、この先にカヌーの墓場が無ければ、
お客様を連れてきたいのですが・・・

CF5529.jpg

7210134.jpg

そんな事を考えてうたら、あれれ?
行き止まりかな~?

CF5540.jpg

ここには張り付きたくないな

CF5546.jpg

左側ギリギリ通れましたが、枝があるとコースが読みにくいので、
ノコギリで切る事にしましたよ

CF5550.jpg

新谷さん号に、平塚が乗り込み、漕ぎ上がって木を切りました

CF5555.jpg

CF5557.jpg

CF5558.jpg

男2人いると心強いですね
新谷さんは、バランスがいいので、カヌー上に立って切っていました!
さすが師匠です

CF5561.jpg

平塚は、大きな枝を細かく切り、森に返していました

CF5572.jpg

私は木につかまりながら、ふと横を見ると・・・

CF5574.jpg

お魚さんが、綺麗に白骨化していました
足跡を見ると、外来種のミンクのしわざですね

CF5575.jpg

CF5590.jpg

この後も、危険だなと思う木を払いながら進みました

CF5598.jpg

CF5593.jpg

テレビ塔のある、ビラオ山が見えてきました
この先も、角度を変えて、山が見えてきますが、
これも難所の目安になるので、チェックですよ

CF5512.jpg

車の通る音が聞こえてきたので、そろそろ札友内橋かな?
と思ったら、ここでも大きなきが右から倒れていました・・・。。

CF5607.jpg

ほぼ通行止め状態になっていましたよ
昨年は、ここから丘に登り、カヌーを持って藪を歩きましたが、
今日はノコギリを持ってきたので、出来るところまで倒木を切りました

CF5605.jpg

平塚が藪を歩き、川原のない左岸から、倒木を切りに行きましたが、
川に降りるのも一苦労な場所で・・・

CF5616.jpg

かなりの時間一人で苦労して、水中の枝を切っていましたが、
新谷号がヘルプに向かい、平塚を回収して、ノコギリをバトンタッチしました

CF5617.jpg

大きな木なので、一苦労ですね
でも幸い、流れが弱いので、止まる事が出来るのです

CF5614.jpg

私も一人でカヌーに乗り、上流を向いて、
操作しながら、待っていましたよ
右岸のユリが綺麗だな~と、ここで30分は待っていたので、
いつもは見れない世界を楽しんでいました

CF5612.jpg

良く見ると、カワセミさんが、
直ぐ横の倒木に止まっていたのでビックリしました

CF5628.jpg

なかなか撮影出来ないんですよ
背中がブルーの綺麗な鳥で、水中のお魚をキャッチして飛び立つ鳥なんです
人間が何をしているのかな?と、様子を見に来たんですね

CF5627.jpg

2人が苦労して、倒木を整備してくれたお陰で、
左側を通る事が出来ました

CF5637.jpg

下流から上流を見ています

CF5641.jpg

CF5643.jpg

木と木の間を通りますが、沈木が顔を出しそうなので、
水位が下がると、色んなところが更に厄介になるので、ご注意を

CF5644.jpg

この後、国道を通る、札友内橋をくぐり、
しばらくすると、いよいよ難所に近づいてきますよ
ビラオ山の鉄塔が、1本になると、そろそろカヌーの墓場になります

CF5695.jpg

流れが早くなるので、この先にある、
右岸から倒れた木に吸い込まれるように、
流れが向いているので注意です

CF5716.jpg

ここがカヌーの墓場なのです
昨年は、ファルトが何艇も張り付いて、回収不可能になってました
ここは、昔から有名な難所、
土壁の手前になります。

CF5746.jpg

この木に張り付く前に、浅瀬に乗り上げるか、
その手前にある、中島(分かりにくい)の右岸に寄せて、
浅瀬に上陸しないと、あっという間に張り付いて、手遅れになりますよ・・・。

CF5743.jpg

ここで私達は、危険な場所を知らせる為に、ピンクテープを木に結んできました

CF5729.jpg

上流から下ってくると、左カーブを曲がると直ぐに、
右の倒木に吸い込まれます。
左に寄り過ぎると、倒木があるので、かなりの注意が必要になる場所なのです!

CF5702.jpg

なので、このピンクテープが見えたら、覚悟をして下さいね
止まれる場所があれば、左側のエディーに入り、スカウティングする事です!

CF5738.jpg

CF5704.jpg

CF5740.jpg

このテープは、下流から撮影しているので、
上流から下って来ると、左側に見えることになります

CF5707.jpg

直ぐ下流には、このテープも吊るしてありますよ

CF5715.jpg

この後は・・・
どう説明しましょうか・・・

CF5750.jpg

CF5753.jpg

CF5763.jpg

CF5761.jpg

CF5771.jpg

CF5821.jpg

CF5831.jpg

とにかく、左岸へ、右岸へ、スカウティングしながら、
上陸できる場所に上がり、コースを読んで、土地壁も突破しましたが、
安易に下る人は、遭難する場所ですね

昔、遭難した人が消防に通報して、大騒ぎになった場所です
(死者が出なくて良かったです!)


ガイドの、私達でも神経を使う場所ですよ


今日は、キャンプしながらツーリングカヌーをする人の為に、
下見をして、倒木を除去してきましたが、
本当ならば、通行止めなので、行けませんよ
と言いたい場所です。。。


ノースは、憧れの釧路川を下りたい
という、全国から来るカヌーイストさんたちの為に、
川旅のお手伝いをしています

ファルトの保管サービスや、買い物のお手伝い、
川の説明をしながら、上流までの搬送をしています

搬送サービスを利用する人は、遭難することは無いのですが・・・


下る前に、地元のガイドやカヌー業者に、現在の川の状況を聞かないで、
古い川地図の本を読んだだけで、下る人が毎年います。。

そして、この難所に入り、沈をして、
大変な目に合っている人が、昨年もいました。。

自分は脱出しましたが、新品のファルトは引っかかったままに・・・。

ハイシーズン中、当社にファルトの回収をお願いされても、
道路からは遠いし、直ぐにはいけない場所なので・・・

困った人の為に、今日は下見をして、川の情報をUPしているのです

とにかく、釧路川で死亡事故が出るのが怖いので、
自分の技量以上の事はしないこと、最新の川の情報をもって下ること、
自然の川は生きているので、常に変化していること、
などを頭に入れて、釧路川ツーリングをして下さいね

平塚も、藪を歩いて疲れたのと、ノコギリで負傷(軽症です)
したのと、腰が痛いので、もう寝てしまいました


なので、続きは明日UPします

CF5813.jpg


お楽しみに~

PageTop

清々しい釧路川源流へ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月8、14、15、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

MG0071_20130719163816.jpg

こちらは、曇りの予報が見事に外れて、
気持ちの良い青空が広がりましたよ

MG0063.jpg

屈斜路湖周辺の畑には、ジャガイモの花が咲き、
心がほっこりする風景が広がっています

CC9801_20130719163822.jpg

一面緑の畑は、家畜用のデントコーン畑ですよ

CC9800.jpg

さて、こ~んな素晴らしいお天気を呼んでくれたのは、
札幌からのお客様、平井夫妻さんが、
釧路川源流コースを体験しに来てくれました

CC9714.jpg

平井さんは、HTBテレビ、いちおしモーニングのディレクターさんです
何年か前に、ミス台湾のオン・スイピンさんを乗せて、
テレビ撮影した時に、平井さんにお世話になりました
この時期に、やっとお休みが取れたので、ハードなスケジュールの中、
釧路川へ再訪してくれましたよ

CC9735.jpg

そして、川下りは、奥様の強い希望もあり、
今日は2人の思いが叶った、6キロの素晴らしい川旅になりました

CC9622_20130719165822.jpg

私は淳子さんを乗せて、平塚は平井さんを乗せて、
特別2艇でスタートしましたよ

CC9613.jpg

前に乗ると眺めもいいので、今日はラッキーでしたね

MG0036.jpg

湖上に出ると、さわやかな風が吹いて、
心地良い世界へ、私達を導いてくれました

MG0040.jpg

CC9636.jpg

途中、湖面に白い物が浮いていたので、近づいてみると・・・

CC9631.jpg

なんと、水中の梅花藻から、
沢山の白いお花が咲いているではありませんか

MG0042.jpg

湖面に顔を出してくれるので、とっても綺麗でしたよ

CC9627.jpg

CC9626.jpg

CC9635_20130719170820.jpg

カヌーから、水上のお花畑を見た後は、
お魚さんを見に行きましょうね

CC9639.jpg

釧路川の入り口、ちょうこ橋をくぐる前に、
ウグイの大群を見る事が出来るんですよ~

CC9640.jpg

川底が全部黒いのは、お魚さんなのです

CF4564_20130719171525.jpg

産卵が終わると、いなくなってしまうので、
今だけ見える、お魚の大群なのです

CF4558_20130719171528.jpg

そして、感動はまだまだ続きますよ

MG0045.jpg

屈斜路湖から吸い込まれるように、釧路川源流へ入ると、
川底には、まだまだウグイさんが泳いでいますよ~

CC9643.jpg

CC9644.jpg

そして、下を見ている間に、源流の豊かな世界へと、
吸い込まれてゆくのです

MG0051.jpg

淳子さん念願の川下り、スタートです

MG0050.jpg

CC9709_20130719172939.jpg

キラキラ~キラキラ~
今日は、何処を見ても輝いていますね

MG0061.jpg

クリアな川も、豊かな森も、私達を歓迎してくているのでしょうか
全てが神々しく見えましたよ

CC9656.jpg

CC9651.jpg

CC9688_20130719173533.jpg

小鳥のさえずり川のせせらぎに、風に揺れる葉音
釧路川源流は、言葉がなくても豊かな世界が広がっています

CC9685.jpg

CC9687.jpg

ゆっくりと~神秘的な鏡の間に入りましょう

CC9669_20130719173535.jpg

CC9682.jpg

ここは、湧き水の湧く豊かな場所です
真夏でも水温10度以下なので、
手を入れると、凍りそうなくらい冷たいんですよ

DSC_3527.jpg DSC_3532.jpg

DSC_3528.jpg  DSC_3534.jpg

CC9676_20130719173539.jpg

コンコンと湧く、甘い湧き水を汲みました
後でコーヒータイムしましょうね

CF5398_20130719173738.jpg

再び光輝く源流へ戻ります

CC9744.jpg

DSC_3539.jpg DSC_3542.jpg

MG0057.jpg

CC9695.jpg

私の大好きな場所、森のトンネルをくぐり、
カーブを曲がるごとに、変化する風景を、
淳子さんと味わいましたよ

CC9697.jpg

DSC_3541.jpg

CC9701.jpg

MG0067.jpg

CC9722_20130719175623.jpg

みどり橋の手前に上陸して、
コーヒータイムにしましょうか

CC9728.jpg

MG0079.jpg

コポコポと、パーコレーターで、コーヒーを沸かします

MG0068.jpg MG0080.jpg

今日も川旅仲間を、沢山連れて来ましたよ~

DSC_3546.jpg DSC_3550.jpg

切り株の上でまったりしている、うさ子さんと、
心優しいクマ子さんも、クッキーの説明メモを持って待機中です

MG0077.jpg

北海道の美味しいキャンディーの中に埋もれているのは、
恥ずかしがり屋のネコちゃんです
十勝の豆入りパウンドケーキと、白花豆のハチミツマドレーヌも、
愛情込めて焼いてきましたよ

MG0075.jpg DSC_3549.jpg

淳子さんも、可愛い~と、小物達の存在に気付いてくれて、
とっても嬉しかったです
甘いもの好きな平井さんも、お菓子を沢山食べてくれたので、
嬉しかったですよ

CC9730.jpg

ザリガニを捕まえたり、稚魚を観察したり、
川の豊かさを感じて、まったりと素敵な時間でしたね

DSC_3554.jpg DSC_3555.jpg

平塚は餌も無いのに、上手に捕まえてましたよ

MG0091.jpg MG0092.jpg

CC9720.jpg

再び川の流れに戻り、後半も楽しみましょうね

CC9765.jpg

CC9756.jpg

いつも美しい釧路川ですが、
今日は太陽の光りが、川底を照らすので、とっても綺麗でしたよ

CC9747_20130719182003.jpg

水の透明度に、心と体が吸い込まれそうになりました

CC9749.jpg

この川でお仕事させて頂ける事に、心から感謝ですね

DSC_3565.jpg DSC_3538.jpg

CC9781.jpg

CC9783.jpg

川旅の最後に、気持ち良く美留和の瀬を下りましょう

CC9784.jpg

今日は、水しぶきがかかっても、気持ちよいお天気でしたね

CC9786.jpg

MG0097.jpg

淳子さん、平井さんと一緒に、
豊かな時間を過ごせたことに、心から感謝します

MG0093.jpg

札幌に戻ったら、またハードな毎日が待っていますね

どうぞお体大切に、頑張って下さい

そして、またいつかお休みが取れたら、
是非、一日満腹コース?じゃなくて、
一日源流コースを体験しに来て下さいね



お2人に再会出来る日を、楽しみに待っていますよ


今日は本当にありがとうございました



素敵な出会いに感謝☆
釧路川に感謝の一日でした



また次回をお楽しみに

PageTop

静寂の釧路川源流へ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月8、12、16、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

今日は嬉しい再会がありましたよ
2008年に、カナダのユーコン川を一緒に下った、
タケちゃんが、お兄さんファミリーを連れて遊びに来てくれました

CF5384.jpg

神奈川県から遊びに来てくた、明るいお兄さんファミリーです

CF5399.jpg

まずは、カヌーに乗る前にレクチャーと注意事項を説明します

DSCF5368.jpg

木の下を通るときは、お辞儀をして回避する事を平塚が、
ガイドの新谷さんと、ナイスコンビで説明していましたよ

DSCF5367_20130716215929.jpg

タケちゃんは、私と一緒に乗るので、沈しないように、
木の枝をつかまないでね~(ちゃんと聞いてるのかな?)

CF5370.jpg

平塚は、お兄さんの雄人さんと、明るい奥様を乗せてスタートです

CF5380.jpg

さわやかな笑顔ですね

CF5374.jpg

新谷さん号には、息子さんの雄朗君が乗り、
ニコニコ顔でスタートしました
カヌーはなんと4回目?!だそうです
タケちゃんより多いぞ

CF5376.jpg

初々しい笑顔で、
カヌーから見える視線に感動していましたね

CF5377.jpg

ZZ0376.jpg

連休中はジェットスキーの騒音で、かなりうるさかったのですが、
今日は、静かな湖水をスイスイ漕いで~釧路川の入り口へ向います

CF5385.jpg

ちょうこ橋の前には、沢山のウグイの群れが産卵しているので、
今時期は、カヌーの上から見る事が出来ます

CF4579_20130717201400.jpg

釣り師のタケちゃんは、見向きもしないウグイさんでしたね
でもみんなは、湖底に沢山の魚の群れが見えるので、
大感動なのですよ

ZZ0388.jpg

そして、橋をくぐると、別世界へ一瞬でトリップします

ZZ0393.jpg

ZZ0390.jpg

豊かな流れに乗りながら、カヌーから見える世界を味わいます
雄朗君も、気持ち良さそうですね

CF5408.jpg

私が乗せる、タケちゃんは、カメラマンになりながら、
釧路川源流に大感動していましたよ

CF5388.jpg

ZZ0399.jpg

素敵な笑顔をパチリ☆

CF5405.jpg

後でみんなに一枚100円で売るんだと、
張り切っていました~

CF5392.jpg

いつもの場所に、カワアイサの親子さんがいました
たけちゃんが、オジロワシや丹頂鶴を見るよりも珍しいんだよ~と、
教えてくれました

CF5391.jpg

そうなんですね!
いつも当たり前に見ているのですが、とても貴重な画だったのですね
そして、木の上で子育てをして、巣立つ時に、
川にジャンプしている事も教えてくれました
なるほどな~勉強になりました

CF5390.jpg

たけちゃんありがとう

ZZ0410.jpg

ゆっくりと鏡の間に入りましょう

ZZ0408.jpg

DSC_2938.jpg DSC_2939.jpg

ZZ0412.jpg

鏡の間という名前がピッタリの場所ですね
いつ来ても、神秘的な空間なんですよ

ZZ0417.jpg

ZZ0420.jpg

甘い湧き水を汲みましょう

CF5398.jpg

湧き水炉辺!
雄朗君、みんなに回してね~

CF5396.jpg

CF5394.jpg

冷たくて甘いお水を味わいました

CF5399_20130716225655.jpg

後で、湧き水コーヒーを沸かしましょうね
休憩ポイントまで、再び川の流れに身を任せましょう

ZZ0422.jpg

ZZ0430.jpg

森のトンネルをくぐり、刻々と変化する源流を堪能します

ZZ0439.jpg

CF5439.jpg

大自然の中に、お邪魔している気分になりますね
たけちゃんも、これはいい川だぁ~と、大感動していました!
でも、視線はお魚のいる場所に釘付けで・・・
さすが釣り師の目線でしたね
こんな川はなかなか無い!と、大絶賛していました

CF5423.jpg

みどり橋の手前に上陸して、湧き水コーヒータイムにしましょうか

CF5422.jpg

皆さんの為に、愛情たっぷり入れて作りましたよ
白花豆のハチミツシフォンケーキと、マドレーヌ☆
クッキーも召し上がれ

CF5421.jpg CF5419.jpg

コクのあるコーヒーと甘いお菓子がマッチして、
皆さんも、とっても喜んでくれました
一生懸命作って良かったです

DSC_2945.jpg DSC_2943.jpg

お話も楽しくて~お尻に根っこが生えそうになりましたが、
まだまだ川旅は続きますよ

ZZ0452_20130716232912.jpg

ZZ0453.jpg

後半も、貸しきりの釧路川をみんなで味わいました

ZZ0462.jpg

ZZ0456.jpg

この目線もいいな~と、タケちゃんは感動していましたね

CF5415.jpg

川底が黒いのは、全部お魚さんなんですよ
釣り氏にとっては、感動しないお魚ですが、
カヌーから見ると感動するのです!

CF5417.jpg

ZZ0482.jpg

最後の美留和の瀬も、気持ちよく下り、
笑顔でゴールです

CF5458.jpg

CF5460.jpg

CF5463.jpg

雄朗君は、余裕のピースでしたね

CF5466.jpg

ヤマセミや、カワセミにも出会えた、素晴らしい川旅になりました

CF5471.jpg

最後にみんなでパチリ☆

CF5474.jpg

最高に楽しい時間をありがとうございました

CF5477.jpg


最後に、ユーコン川に行った時の画像をUPしますね
アウトドア雑誌のBE-PALの画です
私と、釣り師のたけちゃんがUPされました

YU301.jpg

撮影は、写真家の竹田津先生です!
文章は野田知佑さん!大御所2人と一緒にユーコン川を下りましたよ
私は、野田さんを前に乗せて漕いじゃいました
ハーモニカが心に沁みましたよ

YU302.jpg

さすがたけちゃん!珍しいお魚を釣り上げました

YU303.jpg

一週間組みは、このセツナでホワイトホースへ帰ってゆきました
たけちゃんとも、ここでお別れしたので、寂しかったな

YU0302.jpg

カヌーの上から見た、クロクマさんにも感動でした
陸地で会わなくて良かったです

YU0303.jpg

平塚は、この写真一枚だけ載ってました
本人曰く、何故この写真・・・だそうです

YU300.jpg

この大量のお酒は、寒くて全部飲めませんでしたね

でも、楽しかったユーコン川の思い出が、
今日、たけちゃんと一緒に乗れて蘇りましたよ

素敵なお兄さんファミリーとも出会えて、幸せでした

かなりのんびりしてしまったのですが、
無事に帯広に着いたかな?

みなさん、旅の疲れを出さないで下さいね

今日は本当にありがとうございました

またいつか遊びに来て下さい☆

お待ちしていま~す


また次回をお楽しみに

PageTop

あかりちゃんと釧路川源流へ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月8、14、15、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

昨日の続きです

Z0277.jpg

鳥取県から、再び遊びに来てくれた、山本親子さんは、
エゾシカカレーを食べて、コタンから夕暮れカヌーのスタートです

CF5311.jpg


CF5323.jpg

あかりちゃんは、昨年よりも身長が伸びて、
お姉さんになっていましたね

CF5318.jpg

全身モンベルで決めています

CF5321.jpg

皆さん、やる気満々でスタートしようとしたら・・・

CF5325.jpg

温泉のお湯で、なんと~ウチダザリガニさんが・・・
茹で上がっていましたよ なんだか可哀相な画ですね

CF5322.jpg

コタン温泉の横から、カヌースタートです

CF5327.jpg

この時、すでに午後の4時を過ぎていたので、
夕暮れの川下りですね

CF5328.jpg

CF5332.jpg

見送る私達を、平塚がパチリ☆
行ってらっしゃーい

Z0300.jpg

あかりちゃん、楽しんでね~

CF5333.jpg

光の湖面を、優雅に進む姿は、
見ていて羨ましくなる風景ですね

CF5331.jpg

Z0296.jpg

Z0322.jpg

CF5335.jpg

釧路川の入り口、ちょうこ橋からの眺めです

CF5339.jpg

良く見ると、釣りの人が歩いていますよ
ここは遠浅なので、ウェーダーで歩けるのです

CF5337.jpg

CF5344.jpg

湖から、源流へ入る瞬間を楽しんで下さいね

CF5346.jpg

行ってらっしゃーい

CF5348.jpg

CF5350.jpg

ゆったりと、川の流れに身を任せて、
豊かな源流へ吸い込まれてゆきました

CF5352.jpg

CF5356.jpg

Z0349.jpg

豊かな森が、水を浄化してくれるので、
すべての源はここにあるような気がしますね

Z0347.jpg

Z0332.jpg

夕暮れの鏡の間で、貸切の静寂を味わいます

Z0344.jpg

RI0033.jpg

DSC_2893.jpg

川旅の途中、カヌーの上でお菓子タイムをしました
美味しいかったと、褒めていただいてありがとうございます

RI0032_20130715202406.jpg

静かな時間が流れる、夕暮れ川下り、
豊かな時間を味わえてよかったですね

DSCF5358_20130715202412.jpg

平塚が、カヌーを運んでいると、

CF5361.jpg

昆虫大好きなあかりちゃんは、草の上にいた
ホタルを見つけていましたよ

CF5364.jpg

CF5363.jpg

トクサの上に、ひっそりと止まっていた平家蛍は、
大人には見つけにくい視線だったので、教えてくれてありがとうね
あかりちゃん

CF5362.jpg

この後、山本親子さんを虹別にある、オオカミのネイチャースクールさんへ
平塚が送ってゆきました宿泊も出来るのですね
看板も無い砂利道を走り、電話で場所を聞きながら、
無事に送り届けましたよ~

Z0350.jpg

夕焼けが綺麗ですね

Z0355.jpg

Z0365.jpg

動物が大好きなあかりちゃんは、
沢山の経験と感動をして、今年も北海道を満喫できたかな?

山本さんも、念願のエゾシカカレーが食べられて良かったですね

お土産の、鳥取砂丘ラッキョも、沢山ありがとうございました
今日も美味しく頂きましたよ

戻ってからも、暑さに負けないで、お体ご自愛下さい☆

今年もありがとうございました




さて、明日は火曜日、河川調査の日です
長い長い、五十石コースを下ってから、源流へ戻り、
午後からは、カナダのユーコン川を一緒に下った、
タケちゃんと、お兄さんファミリーさんをご案内してきますよ
再会が楽しみです

また次回をお楽しみに

PageTop