ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

湿原と源流へ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

昨日は源流を平塚が担当し、私は一人で湿原コースをガイドする為に、前々から準備し、
搬送を釧路の戸田さんに頼み、風が無いことを祈りながら向かいました

無風の静かな朝を迎え、ミーコに見送られて、出発です!

P9252902.jpg P9252900.jpg

塘路湖に着くと、見事なベタ凪ぎでした
風が強いとここから出られないときもあるので、心配していましたが、
神様は見方してくれたんだな~と、嬉しい気持ちで、カヌーを担ぎ、運びました

P9252911.jpg P9252924.jpg

鏡のような湖です

P9252914.jpg P9252912.jpg

塘路キャンプ場も静かで、いい空間です

P9252905.jpg P9252903.jpg

準備万端で、お客様を待ちますが、時間になっても来ないので、電話してみると・・・
なんと、ドタキャンされました

女性一人33歳のライダーさん・・・。
バイクが壊れたとか、修理に出さないと・・・とか、携帯で検索しても電話が分からなかったとか・・・
電話で何度も連絡してきたくせに、変な嘘をつく人で参りました。。

この人の為に、源流の搬送をリバフィーに頼んだり、私の搬送も戸田さんに頼んだり、
カヌーを車に積み替えて~と、準備にかなりの時間と労力を費やしているのに、
この失礼な人は、何を言っているの??と、ビックリしてしまいます。。

風が無く、最高の条件で、カヌーが出来るので、電車でくれば、駅までお迎えに行きますよ、
まで言ってみましたが、「スケジュールが詰まっていて無理です」。。
だったら最初ッから予約入れるんじゃねーと、怒り爆発!
もちろんキャンセル料を頂くことにして、住所を聞きました。本当に入金されるかは分かりませんが。。。

こんな失礼な人がまだ世の中に存在していることが、残念でなりません。
33歳にもなって。(原付で旅をしている)
まぁ私が取った予約なので、仕方ないので、気を取り直して、一人カヌーに乗り、
ベタ凪ぎの湖を漕いで遊ぶことにしました~

P9252910.jpg P9252906.jpg

素晴らしい条件なのに、もったいない!

P9252907.jpg P9252909.jpg P9252908.jpg

いつもは行かない方向へ漕いで行きます
貸切の空間に豊かさを感じました

P9252915.jpg P9252917.jpg

P9252913.jpg P9252918.jpg

せっかくお菓子も沢山作って来たのにな
でも、たまには自分の為にコーヒーを入れますか~
と言うことで、カヌーの上で一人コーヒーを飲んで楽しんじゃいました

P9252920.jpg P9252919.jpg

先日、原パパ&みどりさんから頂いた、白樺の樹液入りチョコレートも持ってきたので、
食べてみましたよ☆ コーヒーにピッタリの甘さです

P9252921.jpg P9252922.jpg

この日は気温も22度まで上がり、暑くなってきたので、キャンプ場に戻ることにしました☆
人のいないキャンプ場に、カリカリカリという、音がします
よく見ると、蝦夷リスさんが、胡桃の実をかじっている音でした

P9252937.jpg P9252925.jpg

私に気付いていないみたいですね  置物のようです

P9252935.jpg P9252936.jpg

遠くにはもう一匹のエゾリスさんが、せっせと胡桃の実を運んでいましたよ
越冬の準備です 頑張ってね

P9252929.jpg P9252930.jpg

この後、ぢぢに作ってもらった、カヌー運搬用具で、車まで運びました
こんなとき、本当に助かりますね!
でも、車に上げるときが大変なので、一気にエネルギーが切れました

P9252938.jpg P9252939.jpg

そんな、ドタキャンの一日でしたが、夕日が綺麗だったので、心も穏やかになりました

P9252942.jpg P9252940.jpg

今日は、一日お菓子を焼いて~仕込をしていましたよ
明日は源流一日コースです お客様の笑顔の為に頑張ります☆

P9262945.jpg P9262946.jpg

続いて、源流編は平塚がUPします

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

初めてのブログ掲載になります。
早朝の屈斜路湖は、遠くの和琴半島には、靄がかかり、幻想的な風景です。

SANY01.jpg SANY04.jpg
SANY07.jpg  SANY08.jpg

今日のお客様は、大阪からのお二人です。 自転車でのツーリング旅をしています。
網走~知床~羅臼~標津~弟子屈~屈斜路湖の行程で、ここコタンにての待ち合わせです。

午前9時出発!!   私の裏技の撮影風景


SANY12.jpg SANY09.jpg

SANY17.jpg SANY14.jpg
SANY23.jpg SANY24.jpg

川に入ったら、ゆっくり行きましょう!! でも、3人漕ぎで、すぐの鏡の間です。

SANY27.jpg SANY32.jpg

SANY51.jpg <SANY50.jpg 
SANY34.jpg SANY37.jpg

さすがの鏡の間   いつ来ても癒されます!!
お二人も マイナスイオンと森林フィトンチッドの効果と湧き水に癒されていました。

SANY38.jpg SANY41.jpg

SANY45.jpg SANY46.jpg

リーバーフィールドのカヌーツアーも来ました。

SANY40.jpg SANY42.jpg

美登里橋で、ティータイム

SANY67.jpg SANY75.jpg
SAN73.jpg SANY62.jpg

後半は、乗り位置を前後に交代してのカヌーです。

SANY79.jpg SANY78.jpg

最高のカヌー日和でした。 ゴールの美留和で記念写真!!

SANY84.jpg


そして、コタンにて、 Good-bye!! 午後からは、川湯パーク牧場でのホーストレッキングへ・・・・
お二人は、爽やかに去って行きました。

SANY87.jpg SANY89.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

許せねー!!

色付きの文字[絶対に許せないです。愛ちゃんがこんなに一生懸命に頑張って弟子屈に来る人を喜ばせようとしている誠意を感じない輩は「人間じゃーない」人間なら死刑です。
仕事と言っては話が終わりますが、愛ちゃんと平塚さんの誠意は仕事を超越して本当に真心を持って始めての人でも、又リピーターでも接しています。
笑顔の素敵な愛ちゃんを怒り顔にさせた罪は大変重大です。
人間のクズです。キャンセル料はウン十倍請求するべきです。
10月5日~7日はどんなことが在ってもキャンセルしませんからね~~。
宜しくお願いします。あと4日で出発です。後は天候を祈るばかりです。   伊丹

TANTAN | URL | 2009-09-26(Sat)21:41 [編集]


夢のようでした~♪

平塚さん、愛さん、こんにちは。
先日、秋晴れの日にお世話になったチャリダーです。

愛さんが、そんなひどい目に遭われているとは全く知らず、
私たち二人は、平塚さんの初対面とは思えないお話っぷりと、
愛さんのメチャウマ感動お菓子で(飴のチョイスもツボを突かれました)、
至福のひとときを過ごしておりました♪

運動不足のチャリダーにとって北海道は
修行かっ!並みの厳しいツーリングでしたが、あの日はホント天国でした…。

後日談・・・
午後は、川湯パーク牧場に向かったものの、私にゃ川湯も遠かった!
教えていただいたランチ候補店のうち、
第一希望の蕎麦屋は遠いから、とあきらめ、
川湯温泉駅のレストランでビーフシチュー&ソーセージ(美味!)を一気食い。
牧場のお馬さんには手だけを振って、沈む夕日と競うように宿へ帰りました。

オーベルジュ・ソラのディナーのご報告・・・
地元産の食材が私たちにとってはごちそうでしたが、
平塚さんたちは食べ慣れていらっしゃるのでは?
それより、朝食と、窓から見える景色が最高でした!
客室とサービスも素晴らしかったので、ぜひお泊まりでどうぞ♪

長々と書いてしまいましたが、
初めてのカヌー体験が、お天気、川、平塚さん、愛さんのおやつに恵まれ、
良かったなぁ、楽しかったなぁ、と二人でしみじみしております。
写真を拝見して、その思いがますます増す増す!
いつか再び訪れる機会があったら必ずお世話になります! ほんなら、また♪

大阪の自転車ふたり組 | URL | 2009-09-30(Wed)01:44 [編集]