ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

ユーコン日記連載中☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日は風も温かく、気温も11度まで上がりましたよ
今の寒々しい季節に、太陽の温もりはとてもありがたいエネルギー源なのです


P4091254.jpg  P4091255.jpg

お隣の神社に積もっていた豪雪も、すっかり溶けていましたよ
参道がやっと見えました

P4091251.jpg  P4091252.jpg

4月1日はこんなに雪がありました

P4011141.jpg

大地が緑色になるまで、もう少しの我慢です
神社の山桜も5月中旬に開花予定です
本州の桜が羨ましいな~       花は福寿草しか咲いていませんよ~

P4091253.jpg   P4091250.jpg

一気に息吹く、道東の春を心待ちにしています
きっとアフリカから戻ったら、緑の大地が歓迎してくれるでしょうね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

連載中のユーコン日記です

オーロラもとうとう見えず、朝を迎えました  

朝もやなのか、雨雲なのか・・・
テントのチャックを開けると、重たい雲が見えてきます

IMG_1245.jpg

昨夜はモンベルチームと焚き火を囲み、野田さんのハーモニカを聴きながら
みんなと楽しい夜を過ごしました

朝8時になると、
カートの『 ゴハンデスヨ~ 』 のかけ声が響き渡り、みんながキッチンに集まります

朝ごはんは、昨日のカレーにご飯を入れた、カレーリゾットに、マフィン、パンケーキ、
ハムにフルーツ、と、朝から沢山食べました 

P8283103.jpg

モンベルガイドの、佐久間さんが入れてくれたコーヒーは、
最高に美味しかったですよ
それにしても食べすぎか?

P8283104.jpg

カートは必ず『  アイチャンワンモア? 』 と残飯処理に、私を呼び、
小久保君と二人で、人の倍、食べさせられて・・・
お陰さまでハードなユーコンでも、痩せる暇がありませんでした

IMG_1128.jpg  IMG_1103.jpg

この日もセロウとコンビを組み、スタートです

IMG_1019.jpg

IMG_1173.jpg

野田さんは、竹田津先生を前に乗せて、ゴールデンコンビで参上です
同じ歳の2人は、一番パワフルで、私たちにいつも刺激を与えてくれます

IMG_1159.jpg

IMG_1160.jpg

スタートして直ぐに、100年前の、ポストハウス廃墟が建っていました
みんなで上陸します☆

P8283108.jpg

ゴールドラッシュ時代に残された、つわもの達の夢の跡です。。

P8283109.jpg

一雨ごとに気温がグンと下がり、秋が一気にやってきます
寒い分、紅葉も日に日に濃くなり、色の変化に驚きながら、
私達の目を楽しませてくれました

IMG_1144.jpg

ジョーが何かを探しています

P8283111.jpg

茂みの中から、ラズベリーを採って、私にプレゼントしてくれました
サンキュージョー 野生のラズベリーはちょうど食べごろで、とても甘かったです

P8283116.jpg IMG_1147.jpg

IMG_1145.jpg

IMG_1142.jpg

少しトレッキングをしながら、小道を歩きました
眺めのいい場所まで来ると、山火事で焼けた、低い草原と、
森林の境目を見ることができます

P8283124.jpg  P8283123.jpg

その境目で生活している、地リスや、小鳥達、にとって、
山火事も大切なシステムになっていることを、ジョーが教えてくれました

P8283125.jpg  P8283126.jpg

丘の上にはインディアンのお墓がありました
白い柵は白人のお墓で、屋根のある小屋はインディアンのお墓になっていました。
お墓には、仕事で使ったライフルなども一緒に埋めていたそうです

P8283117.jpg

真っ赤に染まったファイヤーウィード
山火事の後、真っ先に生える植物です      ローズヒップは何処にでも生えていましたよ

P8283127.jpg  IMG_1513.jpg

P8283122.jpg


大きなキノコや、木にひっかかっている、リスの餌用キノコ、
黄色く染まった苔の色も楽しみながら、歩く時間も新しい発見があり、いい時間なのです
竹先生も、ビックキノコを撮影中

P8283119.jpg P8283118.jpg

IMG_1151.jpg

セロウは暇を見て、竿を振り、パイクを釣りたくて、釣りたくて、気合を入れています

P8283129.jpg

再びスタートです

P8283107.jpg

P8283106.jpg

平塚は、佐本さんの前に乗り、楽していました~

IMG_1242.jpg  IMG_1243.jpg

隊長は、母船でテントを乾かしますが・・・太陽は何処へ・・・。。

IMG_1279.jpg

本流から、少しはずれ、パイクの釣れそうな入り江に入りました

IMG_1215.jpg

カートが母船でランチの準備をしている間に、釣りタイムです

IMG_1238.jpg

野田さんに、ルアーのアドバイスをもらいながら、セロウも頑張ります


このポイントは、パイクの釣れる場所なのですが、連日の雨で、
川が増水し、透明な水もチョコレートドリンク色になっていました
『 ルアーを追うパイクが見えるんだよ 』 と、Dr、が教えてくれました
そうかぁ・・・本当は透明なんだ・・・悔しい思いも生まれましたが、
また来なくちゃ!とリベンジを誓うのでした

IMG_1229.jpg

カートの『 ゴハンデスヨ~ 』 の声で、みんな母船へ集まります
今日は水上ランチです

IMG_1235.jpg

朝ごはんも満腹食べたのに・・・またまたラーメン満腹頂きました
私たちが食べいる間、丘の上でずっとワタリカラスが鳴いていましたよ
竹先生に逢いに来たのかな

IMG_1228.jpg   IMG_1227.jpg

みんな、黙々と食べています

IMG_1224.jpg

ガイドさんも、みんなラーメン大好きになりました

IMG_1239.jpg

ヒットが無いので、次のポイントへ移動しましょう☆

IMG_1251.jpg

紅葉が一気に進み、夏から秋へ、急速に変化している風景の中で、
近くまで来ている、冬の香りと足音が、直ぐそこで聞こえていました

IMG_1345.jpg

再び大きな入り江へ入ります
ここも入り口が狭く、分かりにくい場所なのですが、秘密の場所みたいで
神秘的な場所でした

IMG_1217.jpg

でも、見事な茶色ですね

P8283130.jpg  

ウリボーも頑張ります

IMG_1196.jpg

又雨がシトシト降ってきました
結局、Dr,がパイクの子供を釣って、時間切れでした
もちろんリリースです 大きくなれよ~☆

P8283131.jpg

再び川へ☆

途中、木々が割れ、殺風景な風景になったと思ったら、
なんと大規模な山火事の後でした! 

視力のいい私は、山の上に人が見えます

IMG_1257.jpg

モンベルチームが、山頂からユーコン川を眺めていましたよ

IMG_1255.jpg

雄大な風景の中、野田さんが流れて来るのを見れるなんて!
ラッキーでしたね

IMG_1300.jpg

PMになると眠くなる。。
日記には、「漕ぎながら寝ていた」と書いてある どうやって??
疲れも出たのか、持病のクラクラ病が発生し、平塚に後ろを漕いでもらい、
私は前で横になってました みんなも疲れているのにごめんね
そして、セロウも心配してくれて、気付かなかった俺が悪い・・・なんて、カッコイイ事言ってくれたね
ありがとうね みんな心配かけてごめんね

この日は39キロ漕いで、最終キャンプ地へ到着です
体がかなり冷えているので、直ぐに焚き火へ向かいます
隊長もカートも心配してくれてありがとう

IMG_1352.jpg 

IMG_1359.jpg

IMG_1393.jpg

本当は、杉隊長と、モンベルチームみんなに野点を披露しよう!
と話していたのに、私は体が熱くなり、とうとうダウンしてしまいました

最後の夜なのに、みんなと過ごせなくて、申し訳なかったです。。
佐本さんと、Dr,に薬をもらい、平塚が、ペットボトルにお湯を入れて、
湯たんぽを用意してくれました

テントで横になると、直ぐに体が熱くなり、そして冷えだした
夜ご飯を平塚が運んでくれたよ。
妙に優しいと思ったら、竹田津先生に「 嫁の様子を見て来い!」
と、何度も言われたらしく、それを後から聞いて納得でした

IMG_1364.jpg  IMG_1373.jpg


竹先生、ありがとうございます

私は早めに寝てしまったので、
ここからは、平塚目線です
最終日もモンベルチームと一緒のキャンプ地になり、杉隊長がみんなを盛り上げていました

IMG_1380.jpg IMG_1378.jpg

アンドリアンも、日に日にたくましくなり、ツアーの終わる頃には、
自分の意見もしっかり言える、強い子になっていました
女性のガイドは本当に大変だと思います よく頑張ったね

IMG_1376.jpg  IMG_1377.jpg

最後の夕食は、カリブーのお肉と、ジャガイモのソテー、
半分にとっておいた、芋団子のお汁でした
私もテントの中で頂きました

IMG_1374.jpg

みんなはユーコン最後の夜、どんな気持ちで過ごしたのでしょうか

IMG_1386.jpg

IMG_1397.jpg

こうしてユーコン最後の夜は、更けて行きました

続きは明日にしましょうね
ユーコン日記、最終回になるのでしょうか??
お楽しみに~

































PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

毎日ブログ楽しんでいます、あこがれのユ-コンもカヌ-好きにとって最高の旅でしたね。愛さんが平塚さんと出会ったこともドラマチックでしたし・・・小さい頃は「スナック菓子のカ-ル」ばかり食べていたのに、こんな人生がやってくるとは・・・北の大地にすっかり根付きたくましく、夢や目標を達成しつつ、平塚さんや周りの皆さんに恵まれなんと幸せなのでしょうね、そんな愛さんの今があるのはいつもすべてのことに感謝の気持ちがあるからでしょうねv-221 12日からはアフリカですか驚きました、色々経験ができる事は平塚さんの寛大な愛情があってこそですね 仙台はまもなく桜の季節です これからも大きく羽ばたく愛さんに乾杯!!

仙台のおばのカコ | URL | 2009-04-10(Fri)05:59 [編集]


No title

ゴールデンウィークは釧路にいくます。庭のカヤックはここ何年も川に出でいず、釧路川だけが唯一のカヌーに乗る日ですが、「まっ いいか」。家のわんこをカヌーに乗せたらどうなるか?のんびりどころかひどく疲れそうなので想像だけにしておきます。アフリカ楽しんできてください。

usoie.kotta | URL | 2009-04-10(Fri)07:36 [編集]


お返事です☆

カコちゃんへ☆

コメントありがとうございます♪
お菓子のカールは(今もカールちゃんと呼んでいる)今も大好きですよ(^^*)!
地味にコツコツと頑張っていれば、ご褒美の時間はやってくるのですね*
逃げずに頑張ってて良かったです♪
人との出会いは宝物です!
 
アフリカの風を肌で感じて、自分が何を思うのか、これからの人生も楽しみです☆ 
これからも暖かく見守って下さいね☆
第2の仙台ママへ★

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

年に一度のカヤッカーさんへ☆

GWの釧路川は、まだ肌寒い日が多いですよ~
しかも雪解け水なので、とても冷たいです。。
ワンちゃんを連れてくるなら、ガクのような、カヌー犬に、なれれば最高ですが。。。

今年は豪雪だったので、水位は元に戻って来ました☆
川旅を楽しんでください♪

aiaicanoe | URL | 2009-04-10(Fri)19:32 [編集]


いってらっしゃい

41番は持っていってくださいね!きっと役にたちますよ
おみやげ話楽しみに待っています

Tetsu | URL | 2009-04-10(Fri)21:52 [編集]


おかえりなさ~い

愛ちゃんってすごいね!素晴らしい人生を歩んでるのね。
それから、何と言うか・・おもてなしの心っていうのかなぁ、無償の愛を感じるの。
母上やカコちゃんもそうよね、私は甘えてばかりだけど・・

yoko | URL | 2009-04-29(Wed)23:53 [編集]


お返事です☆

YOKOさんへ☆

いつも覗いていただいてありがとうございます☆
そして、ママのパソコンの先生までしていただいて感謝です!
お陰さまで、仙台身内チームからのコメントが入り、嬉しく読んでいます♪
これで、カコちゃんもプリントアウトしなくていいね。。。
みんなに感謝ですv-22

aicanoe | URL | 2009-05-07(Thu)23:27 [編集]