ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

入学式とユーコン日記☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆
今日は小学校の入学式でした
弟子屈小学校は、54人の一年生が入学しましたよ

IMG_5148.jpg

紅白幕は私の祖母が寄付しました
昔、弟子屈で教員をしていたのです
縁のある場所に嫁ぎました

IMG_5149.jpg

奥春別小学校は4人の入学式で、アットホームはな式になりました

写真館には可愛い一年生が来てくれましたよ
モデルさんのように、自分でポーズを作ってくれました

IMG_5177.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

連載中のユーコン日記です☆
2009年8月25日、カヌートリップ7日目になりました

P8263055.jpg

この日はDr,が後ろを漕いでくれて助かりました

P8263056.jpg

Dr,の漕がなくていいよ~の言葉に助けられ、久し振りに前でのんびり出来ました
Dr,ありがとうね もっとのんびりしたかったけど、この日はあっという間に
キャンプ地に到着です 16キロを約1時間で着いてしまいました

P8263060.jpg

ユーコン本流の合流地点は、川の色がブルーでとても綺麗でした
レイクラバージュからスタートした事のあるDr,は『 クリスタルリバーって言うんだよ~ 』 と
教えてくれましたその名の通り、綺麗な色をしていましたよ
でも、私たちが下ってきた、テズリン川の、増水した茶色が混ざると・・・
あっという間に濁ってしまいました

IMG_1016.jpg

雨の中、テントを張る。。
太陽が出ないので、すべてがジメジメしています
濡れた土の上に濡れたテントを張ります

IMG_1015.jpg

晴れていたらなぁ
テントからの眺めは最高でした

P8273078.jpg


フータリンクアのキャンプ場には、ちゃんしたトイレがありました
久し振りの屋内トイレです

P8273079.jpg

夕食まで時間、平塚と入り江でカヌー散策に行きました

P8263057.jpg  P8263058.jpg

竹田津先生と佐本さんの、カメラ艇も雨の中で撮影していました
セロウはノーザンパイクを釣りたくて、必死で釣りをしています

SANY1282.jpg  SANY1277.jpg

その頃Dr,は・・・パイク釣っちゃいました  すごいですね

SANY1290.jpgP8263062.jpg

そして対岸には、日本からモンベルのツアーで来ているカヌーが到着していました
カートが様子を見に、船外機で対岸へ行き、戻って来る途中でなんと・・・
エンジンを水中に落としてしまいました
ジョーにヘルプを頼み、どうやっても取り出せず、タカサン、セロウ、ウリボー、みんなで
協力し、木の枝を使いフックを作り、やっと引き上げたのでした
アンドリアンがやきもきしながら、キッチンでスタンバイし、カート料理長の帰りを待っていました


Dr,がテキパキとパイクをさばき、味付けをします
この状態でパイクが暴れだし、地面に落ちました
すごい生命力です なのでこの画は2回目の味付け完成図になります

SANY1292.jpg P8263063.jpg

ホイルに巻いて蒸し焼きにします 楽しみだなぁ

SANY1298.jpg

アザラシキューも気になります
カートはこのアザラシをマウスと呼び、パイクの餌にしたら直ぐ釣れるよ 
と何回も話していました  やめてくれよ~

P8263069.jpg  

完成したパイクのお味は? 竹先生が真っ先に『 美味しいぞ! 』 と叫ぶと、
みんな直ぐに群がってきました


SANY1296.jpgSANY1303.jpg

戻ってきたカートのお手伝いをして、夜ご飯の完成です
キングサーモンソテーと、ピーマンの炒め物、
ご飯は水加減が上手くいかず、メっコ飯でしたが、みんな美味しく頂きました
カートはお約束でよく食べる私に、ワンモア?(おかわりは?)と必ず聞いてきます
もうエナフだよ~(満腹)と言っても、みんなが遠慮しないで食べろ~と言ってくるので、
私はみんなの2倍食べましたよ ユーコンに来ても痩せない訳です

P8263064.jpg

雨が止まないので、空気がどんどん冷えてきます
焚き火に当たっていると、ドイツの高校生がキャンプ地に到着して、
寒さに耐えられず、私たちの焚き火に当たりに来ました。
 カナダの高校生と交換留学で来た高校生は、冷たいパンの夕食を食べ、
火を焚くことも無く、凍えていましたが
私たちの前に前にと占領してくるので、遠慮の無い態度には驚いてしまいました


高校生達がテントに戻り、やっと火の温もりを感じ、幸せです
でも、私の座るところに、煙が来るので、息が吸えなくなり、燻されまくりでした


隊長の足の裏は真っ黒でした
なぜならば、裸足でサンダルを履いているからです
平塚も湿った長靴を履くのが嫌で、後半はずっとサンダルでカヌーを漕いでいましたよ
北海道に住む、北方民族の2人、さすがです

SANY1301.jpg

この時の気温は、なんと5度。。。
焚き火から離れられません

SANY1309.jpg

薪を絶やさないように、雨の中、カートとジョーは木を切りに行きました

P8263066.jpg

すると、切った木の中から、トイレットペーパーや木の葉が入っていて、
なんとリスが木の中にベットを作り、巣にしていたのです
でもなんで穴が空いたの??

P8263067.jpg

するとジョーが、カーペンターアンツという蟻さんが、木の内側を食べ、
空いた穴にリスが巣を作り、更に小さい蜂の巣も入っていて、見事に穴を活用していました
雨の中、一生懸命2人は説明してくれました
そして荒山父さんに、通訳をしてもらい、みんなに感謝の時間でした

P8263065.jpg

みんな、なかなかテントへ行けないでいる。。
私もこのまま火に当たりながら、椅子の上で眠りたいと思ったよ
ジョーがギターを弾いて歌っていた
みんなが眠った後、ガイド達は自分の時間になるのです
私はいつまでもその歌を聴いていました

P8263074.jpg

何時に寝たか分からないけど、テントに落ちる雨の音を聞きながら
眠りにつきました。。 明日は太陽が出る事を祈って

SANY1315.jpg

続きは明日にしましょうか















スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する