ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

源流一日満腹コース☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

皆さんこんにちわ

803CF7402.jpg

今日は、源流一日満腹コース、
ではなくて
源流一日コースをご案内してきましたよ

803CF7390.jpg

大都会、新宿から遊びに来てくれた
杉森夫妻さんと、一日のんびりと
豊かな時間を過ごしてきました

803CF7408.jpg

連日の真夏日が続いていたのですが、
今日の午前中は、低い雲に覆われて
屈斜路湖は秋のように涼しい空気に包まれていました

803CF7405.jpg

私は、奥様の典子さんをガイドして
平塚は杉森さんを乗せてスタートです

P8030636.jpg

803CF7392.jpg

風が無いので、のんびりと
カヌーからの目線を楽しみました

803CF7403.jpg

湖水の色も、場所によって変化するので
見ていて飽きないんですよ

803CF7405.jpg

目指すはオヤコツ地獄へ☆

P8030642.jpg

803CF7404.jpg

豊かな森から、風景がガラッと変わります

P8030643.jpg

誰もいなくて最高ですね!

803CF7407.jpg

803CF7416.jpg

せっかくいい空間なのに、
足元にはやっぱりゴミが落ちているので、
回収しました

803CF7411.jpg

803CF7421.jpg

早速、地熱を利用して蒸し物料理
をしましょうね

803CF7409.jpg

トウモロコシに、牡蠣、地卵も半熟で完璧です

803CF7410.jpg

P8030650.jpg

と、ゆっくりしていると、
来ましたよ・・・
うるさいジェットスキーが。。。

803CF7413_20140803220550142.jpg

モーターボートも近づいてきましたが
幸い、上陸しなかったので救われました。。

803CF7418.jpg

このジェットスキーには、子供を3人も乗せていて
私達のテーブルのまん前に止めて
貸切の空間に割り込んで来ました

P8030647.jpg

夏休みに入ると、週末やお盆の時期は
モーターの騒音と波に、毎年不快な思いをしているので、
静寂を味わえるように
弟子屈町も考えて欲しいです

803CF7423.jpg

P8030645.jpg

でも、今日は1台だけだったので、
少ない方です
沢山のジェットスキーが来る前に、
蒸し物料理を味わい、再びカヌーに乗って半島を一周しました

803CF7426.jpg

南風にも負けずに、無事にゴール☆
車にすべてを乗せて、コタンへ移動しましたよ

P8030654.jpg

はい、ここでも食べましょう
満腹コースのランチをセッティングです

P8030665.jpg

湖を眺めながら、風通しの良い場所で
ラム肉トマト味のタコスランチを頂きましょう

P8030663.jpg

好きなものを挟めて食べて下さいね~

P8030659.jpg

冷たいカブのポタージュスープに☆

P8030666.jpg

チーズバケットに、カニのテリーヌ、ラム肉トマトを乗せて
タルティーヌ風に召し上がれ☆

P8030667.jpg

デザートも、しっかりと頂きます!
夕張メロン、最高に甘かったですね

P8030669.jpg

お腹も心もいっぱいになりました

P8030671.jpg

車をゴール地点に置きに行く間は、
ゆっくり食休みして待っていて下さいね☆

P8030672.jpg

そして、後半の川下りへ!

P8030673.jpg

午前中にはなかった光が現れて、
すべてがキラキラと輝いていました

803CF7442.jpg

803CF7437.jpg

川の入口へ向かうと、
あれれ?小さいエアのダッキーが
ダブルパドルを上手に使って漕いでくるではありませんか

803CF7441.jpg

良く見ると、オホーツク村の村民!
一緒に遊んだことのある、可愛い兄弟ではありませんか!
お父さんに声をかけてもらって良かったです
初めての川下りに挑戦すると言っていたので、
頑張って下さいね後で逢いましょう~

P8030674.jpg

と、お先に川へ入ります~

P8030675.jpg

P8030676.jpg

湖と違って、流れがあるので楽ちんです

803CF7444.jpg

P8030679.jpg

太陽の光で、木々の緑も川の水面も
すべてがキラキラ光って綺麗でしたよ

803CF7473.jpg

803CF7468.jpg

川底の色もハッキリと見えて
今日はすべてが輝いていました

P8030694.jpg

やっぱり源流はいいな

803CF7452.jpg

さらに透明度の高い、鏡の間に入りましょう

803CF7464.jpg

803CF7462.jpg

今日も美しい空間が待っていてくれましたよ

P8030685.jpg

川の水温が上がってきたので、
冷たい水を求めて、エゾイワナヤヤマメがここに入ってきました

P8030686.jpg

そして、主も!!
海からここまでよく来たね

P8030684.jpg

本州は、気温が35度越える猛暑なのに、
ここはいつも涼しい避暑地ですよ

803CF7463.jpg

湧き水が流れ込んでいるので、
水温は年間通して8度~10度位です

P8030681.jpg

空気もひんやりとして、マイナスイオンたっぷりの
最高に贅沢な空間になっています

P8030682.jpg

P8030692.jpg

何艇かカヌーは通り過ぎてゆきましたが、
思ったよりも混雑していなくて良かったです

803CF7474.jpg

803CF7482.jpg

森のトンネルをくぐり、
美登里橋の手前で休憩しましょう

803CF7481.jpg

803CF7480.jpg

P8030695.jpg

P8030700.jpg

手作りのクッキーに、白花豆のハチミツマドレーヌも
召し上がってくださいね
って、お腹いっぱいですね
お土産に包みました

P8030698.jpg

休んでいると、みんなが無事に下りて来ましたよ!!
お兄ちゃんは、見事なパドルさばきで、
どこにも張り付くことなく漕げたそうで、
センスの良さにビックリです

P8030702.jpg

P8030721.jpg

美留和橋まで、順調に下ったので
みんなで感心していました!
素晴らしいセンスの持ち主なので、将来大物になるね!
今日は偶然逢えて良かったです
またどこかで逢いましょうね☆

P8030722.jpg

私達も、後半の川下りをのんびりと味わいました

803CF7488.jpg

P8030708.jpg

ウグイの群れもまだ見ることが出来ましたよ☆

P8030706.jpg

P8030705.jpg

最後に美留和の瀬も気持ち良く下ります

803CF7505.jpg

803CF7509.jpg

P8030714.jpg

夕陽の温もりを背に受けながら
豊かな時間を味わいました

P8030717.jpg

杉森夫妻さん☆
今日は一日ありがとうございました
私達も一緒に楽しい時間を過ごせて幸せでしたよ

今度は秋に来てみたいと言ってくれたので、
来年?是非再訪してくださいね

先頭の杉森さんは、アブに囲まれながら
頑張ってくれました!
防虫ネットが役に立って良かったです

今日は温泉に入って、
ゆっくり休んで下さいね☆
本当にありがとうございました



また次回をお楽しみに
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する