ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

釧路川湿原一日コースへ!

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます

8月4、5、8、10、11(源流のみOK)
  12、13(午後の源流はOK)
  15(午前の源流はOK)
  16、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

MM4767.jpg

今日は、嬉しい再会がありましたよ

仙台から遙々キャンピングカーで来てくれた
薄井さんが、今年も釧路川に遊びに来てくれました
仙台は、私の故郷でもあるので、とっても嬉しい再会です

CF6486.jpg

いつもは、シーカヤックで海を漕いだり、
聖水でカヌーをしていますが、今日はカナディアンカヌーで、
釧路川の湿原を下ってみたい

CF6364.jpg

という希望を叶える為に、
私もソロで、サポートさせていただきました

CF6361.jpg

まずは基本のレクチャーをしっかりしましょうね

MM4762.jpg

ソロで乗る時は、前のイスに後ろ向きで座ると、
バランスがいいんですよ
勉強になりますね

MM4761.jpg


まずは乗ってみて、一人で真っ直ぐ漕ぐ練習をしました

CF6365.jpg

昨日の強風では、ソロで漕ぐのは難しい状況でしたが、
今日は嫌味な風も無いので、とにかく体とカヌーを一体にさせるように、
湖水でのストロークを練習しました

MM4764.jpg

風に弱いカナディアンカヌー。。。
たまに吹く弱い風にも、ソロで乗ると流されやすいので、
パドルに入れる力の感覚も、敏感になります

CF6385.jpg

少しずつ、少しずつです
体とカヌーが一体になります

CF6386.jpg

MM4766.jpg

MM4765_20130804223905bb0.jpg


湿原コースのスタートは、塘路湖になりますが、
水草のペカンペが水面を覆っていましたよ

CF6382.jpg

白いお花が咲いているので、綺麗なのですが、
湖水は緑色。。。。
源流や屈斜路湖の透明度を見てしまうと、ここでは絶対沈したくないですね

CF6383_201308042239141ec.jpg

空を見上げると、ラッキーな事に、オオワシが上空を旋回していましたよ

CF6378.jpg

冬に見ることはありますが、今の時期に飛んでいるなんて!
ビックリの嬉しい出会いでした

CF6375.jpg

塘路湖から支流のアレキナイ川を下ります

CF6390.jpg

川幅は狭いのですが、流れが無いので練習になりますね

CF6393.jpg

入って直ぐに、マガモさんが木の上で休憩していましたよ

CF6387.jpg

まるでデコイのような置物ですね

CF6402.jpg

見事な保護色です

CF6405.jpg

橋の上から、搬送の新谷さんが撮影してくれました

MM4768.jpg

行ってきますね

MM4769.jpg

私の目線写真です
いつもは、前にお客様を乗せているので、
ソロで乗ると視界が広いこと!広いこと!

CF6394.jpg

風が無いので、今の所、
この目線を楽しんでいましたよ

CF6397.jpg

人工物が無くなり、どんどん湿原らしい風景に変わってゆきます

CF6400.jpg

ホザキシモツケソウももう直ぐ終わりですね

CF6406.jpg

薄井さんも、この雰囲気を心から楽しんでいました

CF6410.jpg

そして、いよいよ釧路川本流が見えて来ました

CF6416.jpg

流れに負けないように、カヌーの先端を上流に向けて、
本流に入ります

CF6415.jpg

上手にストリームイン出来ましたね

CF6420.jpg

いよいよ釧路川の湿原を味わいながら下りますよ
私もサポートしながら、進みます

CF6417.jpg

空は太陽が顔を出したり、隠れたり、
光と影を味わいながら下りました

CF6440.jpg

CF6425.jpg

川旅の途中、外来種のミンクが何かを食べていました

CF6421.jpg

ザリガニかな??
雑食性なので、大繁殖するのでしょうな

CF6423.jpg

今度は木に止まる、オジロワシを見る事が出来まし

CF6426.jpg

残念ながら、直ぐに飛び立ってしまいましたが、

CF6428_20130804233643855.jpg

羽を広げると、更に迫力満点なので、
薄井さんもビックリして、イスから落ちちゃいました?!

CF6429.jpg

せっかくなので、ここで休憩にしましょうか

CF6435_201308042336426cc.jpg

カヌーの上でコーヒータイムにしましたよ

CF6439.jpg

今年も沢山の手作りお菓子をもって来ました

CF6430.jpg

白花豆のハチミツマドレーヌと、
ブラウニ=十勝の豆入りパウンドケーキ☆

CF6431.jpg

クッキーの大好きな薄井さんの為に、
沢山の種類もご用意しました
今年も美味しい~と、喜んでくれたので、
一生懸命作って良かったです

CF6432.jpg

エネルギー補給をしたら、後半も頑張りましょうね

CF6447.jpg

ヘアピンカーブを過ぎると・・・

CF6450.jpg

木の無い場所は、強風地帯になります

CF6457.jpg

風に押されないように、カヌーを操作します!

CF6452_201308042350012b4.jpg

CF6453_20130804234331287.jpg

薄井さんも、木に張り付かないように、
頑張って漕いでいましたよ

CF6447.jpg

CF6456.jpg

そして、やっとこ細岡カヌーポートが見えてきました

MM4771.jpg

MM4770.jpg

なんとか無事に9キロ漕いで来ましたね

MM4772.jpg

薄井さんも、一人で漕いだ満足感を味わっていました

MM4773.jpg

ここで、ランチタイムにしましょうね
細岡展望台へ行って、後半下る川を眺めながら、
優雅にランチを食べましたよ

CF6474.jpg

辛いのがお好きな薄井さんの為に、
ラム肉ミンチのトマトソースをタコス風にしました
さらにタバスコをガッチリかけて、召し上がってください

CF6467.jpg

その他に、野菜スープ、旬のトウモロコシ、
きのこのマリネ、サブジを添えて召し上がれ~

CF6468.jpg

デザートは夕張メロンです
お腹も心もいっぱいです

CF6471.jpg

食べ終わったら、もい一つの展望台へ行って、
今から下る川を見下ろしました

CF6479.jpg

CF6483.jpg

ちょうど、岩保木水門まで行くカヌーが通っていました

CF6488.jpg

CF6489.jpg

私達も、後半6キロも頑張りましょうね

CF6486_2013080500241432c.jpg

再び細岡カヌーポートに戻り、出発の準備です

CF6493.jpg

ここは風が無いのですが、海に向って漕いでいくので、
後半は、私が前に乗り、薄井さんが後ろを漕いでスタートしました

CF6492.jpg

新谷さんに見送られて、行ってきます

MM4774.jpg

風に強いバウヘビ~
重いほうが風に流されないので、私が前に乗れば、
向かい風も、なんのその~ですよ

MM4775.jpg

出て直ぐに、ノロッコ号が釧路へ戻ってゆきました

CF6496.jpg

私の目線はこんな感じです
前に乗るのは久し振りなので、新鮮ですね

CF6523.jpg

薄井さん、重たい私ですが、バリバリ漕げる、
最強のエンジンなので、
どうぞよろしくお願いします

CF6500_20130805212237539.jpg

後半を漕いで行くと、少しずつ木々が無くなり、
右側は湿地帯だけになり、空が広く感じる世界に入ります

CF6498.jpg

CF6506.jpg

雲が川に映って綺麗ですね

CF6504.jpg

ここから、支流に入って、湿原を味わいましょう

CF6517.jpg

ここへ来ると、湿原に抱かれている感覚になり、
言葉のいらない、豊かな世界に入ります

CF6514.jpg

薄井さんは、この場所をとっても気に入ってくれましたね
豊かさとは何か?
を考える時、この時間を思い出すことでしょう
心から感動している薄井さんは、心の綺麗な小学校の先生です

CF6511.jpg

後半は風地帯になりますが、丹頂の写真を撮って、
生徒さんに見せたいというので、私も祈りながら漕いでいきました

CF6533.jpg

かなりの強い風が吹いていましたが、
私も漕げるので大丈夫なのです

CF6501.jpg

やっと岩保木水門が見えてきました

CF6534.jpg

CF6536.jpg

搬送の新谷さんが、私達を水門横から撮影してくれましたよ

MM4779.jpg
雄大な湿原の中を、一日かけて、
15キロ漕ぎきりました

MM4780.jpg

MM4781.jpg

ゴールの岩保木水門前に到着です

CF6540.jpg

薄井さん、頑張りましたね!
本当にお疲れ様でした

CF6539.jpg

最後に、水門横から湿原を眺めて、
心の充電をしました

CF6557.jpg

人工物が何も無い世界って、本当に素晴らしいですね
湿原はもう、秋の色に染まり始めていましたよ

CF6556.jpg

夕日が釧路川を金色に染めていました

CF6550_20130805215758cea.jpg

今日は色んな表情を見れましたね

CF6555.jpg

CF6561.jpg

CF6544.jpg

CF6537.jpg

自分の体験を通して、子供達に大切な事を伝えたいとう、
素晴らしい心の持ち主の薄井さ~ん

今年も又お逢いできて嬉しかったですよ

私のランチも、フランス料理のフルコースより美味しい!
と言ってくれてありがとうございました

後半の支流の風景を、とっても気に入ってくれましたね
ハワイに行くよりいい!と沢山の嬉しい言葉をかけてくれて
ありがとうございました

またいつかお逢いしたいので、
是非リピートして下さいね

今年も豊かな時間をありがとうございました

この後も素敵な旅を続けてください

本当にありがとうございました



また次回をお楽しみに


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する