ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

釧路川源流一日満腹コース☆前編

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
7月9、10、11、12、13、16、19、29、30、31日
8月4、5、8、12、13(午後の源流はOK)
  16、20、24、25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

又、毎週火曜日の午前中は、湿原河川調査のお手伝いをしているので、
午後からのご予約なら受けることが出来ますよ

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

今日は、曇りの予報だったのに、
奇跡の青空が広がりましたよ

CF6184.jpg

弟子屈町は、霧雨のどんより雲だったのですが、
屈斜路湖へ行くと、湖の上だけ雲が割れて、
綺麗な青空を見る事が出来ました

DSC_3786.jpg

そして、今日も嬉しい再会がありましたよ
毎年、釧路川源流一日コースに来てくれる、
スーパーリピーターの、井上夫妻さんと、愛犬ルーク&ソラも
遙々、茨城県から車で来てくれました

7319928.jpg

一年ぶりの嬉しい再会です

CF6155.jpg

井上さん、由美子さんも、また逢えて嬉しかったです

CF6104.jpg
CF6137.jpg

ルークも、カヌーに乗る気満々でしたね
まだ水に浮いていないのに、スタンバイOKです

DSC_3728.jpg DSC_3727.jpg

今日も、私の師匠、新谷さんにお手伝い頂き、
午前中の湖は、井上さんと、暴れん坊のソラを乗せてスタートしました

CF6096.jpg

7319863.jpg

私は、由美子さんと、安定感抜群のルークを乗せて漕ぎ出します

7319856.jpg

7319857.jpg


平塚は、ビデオとカメラを持ってソロで漕ぎ、
みんなを撮影してくれました~
本業は写真屋なので、プロのカメラマン付きの一日コースです
贅沢ですね

CF6104.jpg

7319851.jpg

やんちゃなソラは2歳!
遊び盛りなので、湖水の水を飲んだり、カヌーの上でも動きたいので、
新谷号は、常にカヌーが揺れていましたよ

7319835.jpg

毎年沈する覚悟で乗っています

7319861.jpg

漕いでいると、重たい雲がどんどん割れて来て、
久し振りに青空を見る事が出来ました

DSC_3740.jpg

7319886.jpg

久し振りに顔を出した、太陽と青空は、心と体に沢山のパワーをくれました
生きる為に必要なエネルギーですね

DSC_3744.jpg DSC_3743.jpg

そして、全ての世界が輝き出しましたよ

7319890.jpg

7319959.jpg

湖底の石まで、はっきり見えました

7319869.jpg

DSC_3746.jpg DSC_3747.jpg

私達の目的は、オヤコツ地獄へ行くことです

DSC_3748.jpg DSC_3749.jpg

昨年は、風が強くて来れなかったのですが、
今年は無事に上陸する事が出来て、良かったですね

DSC_3774.jpg DSC_3757.jpg

平日なので、ジェットスキーの騒音も無く、
貸切で豊かな時間を過ごす事が出来ました

DSC_3775.jpg DSC_3773.jpg

そう、思っていたら・・・
足元には、沢山のゴミが落ちていましたよ

CF6120.jpg

卵の殻に、タバコの吸殻・・・

7319916.jpg

トウモロコシの芯に皮まで捨ててありました
ここはジェットスキーが入っては駄目な場所なのにな・・・
オイルとゴミを垂れ流しにする、モーター規制をしない、
弟子屈町も考えなくてはなりませんね
いくら進入禁止のブイや、看板を置いても関係なく入ってくるのですから!
ここは国立公園ですからね。。。

7319911.jpg

みんなでゴミを拾いました

7319915.jpg

毎年、ここへ来るのを楽しみにしている、
本州のお客様が多いのに・・・
残念な現実です

7319938.jpg

気を取り直して、蒸し物大会をしましたよ

CF6126.jpg

やっと道内産のトウモロコシが出たので、
皮付きのまま蒸しました

CF6126_2013073123514764b.jpg

厚岸の牡蠣も殻付きのまま、地熱の高い場所へ置いて、
新聞紙で蓋をして蒸します

DSC_3755.jpg

地卵にジャガイモ(インカの目覚め)も地獄茹で?しましたよ

DSC_3750.jpg DSC_3758.jpg

DSC_3753.jpg DSC_3763.jpg

甘くて美味しいトウモロコシが出来上がりました

DSC_3762.jpg DSC_3761.jpg

井上夫妻さんもガブリッ!最高ですね

CF6149.jpg

私もガブリッ!
新ポンもやってと言ったのになぁ~

DSC_3767.jpg

卵も半熟 牡蠣もフワフワで最高でした!

DSC_3770.jpg DSC_3760.jpg

インカの目覚めは、昨年の越冬芋なので、
糖度が増して、甘いサツマイモみたいでしたよ

DSC_3769.jpg DSC_3771.jpg

CF6147.jpg

お腹も心もいっぱいになりました

CF6152.jpg

7319931.jpg

再び、水遊びを楽しみながら、この空間をみんなで味わいましょう!

CF6155_2013080100070062d.jpg

CF6157.jpg

ルークは、投げた木の棒を拾ってくるので、
おりこうさんでしたね

CF6124.jpg

7319935.jpg


遠くでは、雨が降っていました

CF6161.jpg

この上空だけ晴れているのは奇跡ですね

CF6156.jpg

大気が不安定なので、半島の右側は波が立っていました
危険なので、同じ左側を戻ることにして、再びカヌーに乗り込みます

CF6164.jpg

すると、アレレ?
ルークは後ろ向きで、リラックスポーズをとり、
寝る体制になっていましたよ~

CF6166.jpg

沢山泳いだから、満足したんだね

CF6167.jpg

でも、ママの前に座らないと、スタート出来ないからね
と思ったら、今度はソラまでママのカヌーに乗ってしまい、
ワンワンカヌーチームになってしまいました

CF6171.jpg

もちろん危険なので、新谷号に乗船してもらいました

CF6172.jpg

CF6176.jpg

反対側は、結構な波があるのですが、
戻る時は追い風なので、楽チンでしたよ~

CF6173.jpg

CF6174.jpg

半島の入り江にはいると、再び平和な無風地帯になります

CF6178.jpg

CF6190.jpg

ミンクと出会ったり、天然記念物の和琴ミンミンゼミが溺れていたので、
救出しながら、スタートした場所まで戻りました

DSC_3737.jpg

MM0006.jpg

MM0002.jpg

素晴らしい湖上ピクニックでしたね

MM0010.jpg

ソラも、最後はお鼻を押さえられて、大人しく座っていました

CF6193.jpg


この後は、コタンに移動して、再び食い倒れツアーの続きをしました

DSC_3790.jpg DSC_3810.jpg

MM0022.jpg

MM0016.jpg

ずっと温めていたメニューも新登場
イタリア~ンなブタ丼も大好評でした

DSC_3796.jpg DSC_3795.jpg


画像が沢山あるので、続きは明日にしますね☆

お楽しみに
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する