ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

湿原河川調査と十勝旅☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
6月19.20.21.22,25,29日は予約が埋まりましたよ

また、7月2日~5日までの4日間は、
リピーターさんプラス6名様をご案内する予定なので、
この間のご予約はお断りさせて頂きます申し訳ありません
また、7月9.10.13.29.30.31日
   8月8.14.24.25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

こちらは、緑輝く、清々しい日々を送っていましたよ
黄色い絨毯だった、タンポポ畑は、真っ白い綿毛になりました

DSC_1950.jpg 6102313.jpg

DSCF2451.jpg DSC_1487.jpg

さて、昨日は火曜日、毎週恒例の湿原河川調査とゴミ拾いの日です
平塚担当で、塘路湖~細岡まで頑張ってきましたよ

RIM0061_20130612203937.jpg

少し前までは、モノトーンの世界だったのですが、
緑色が風景に加わると、心もホコッとしますね

RIM0063_20130612203942.jpg

塘路湖の水温は、14度。
この日の気温、スタート時は16度。
太陽が出ると20度近くまで、気温が上がりましたよ~

RIM0065_20130612203943.jpg

風が無くて良かったですね

RIM0062.jpg

塘路湖を漕ぎ出して、支流のアレキナイ川に入ります

RIM0069_20130612204610.jpg

RIM0072.jpg

風が無いと、水鏡になって綺麗ですね

RIM0076.jpg RIM0080.jpg


RIM0081.jpg

でも、こんな綺麗な支流にも、ゴミはあります・・・

RIM0067.jpg

パドルや熊手を使って、ゴミを寄せて回収します

RIM0073.jpg

コンビニのビニールや、ペットボトルなどが捨ててありました
ゴミが0になる日がないのは残念ですね。。

RIM0077.jpg

細い支流を抜けて、本流の釧路川へ入ります

RIM0094.jpg

RIM0113.jpg

川幅が広がり、雄大な湿原の中を下ります

RIM0101_20130612210625.jpg

常にゴミが引っかかっていないかと、
注意をしながらの川下りなので、ツアーの時と、
心持は全然違いますよ

RIM0092.jpg

全国からここへくるお客様達がゴミを見てがっかりしないように、
私達は頑張っているのです
この綺麗な自然の中に、人工物があるのは許せないですよね

RIM0103_20130612210623.jpg

豊かな湿原には、特別天然記念物の丹頂鶴さんも住んでいます

RIM0097_20130612210709.jpg

RIM0095_20130612210711.jpg

サルルンカムイ
アイヌ語で、湿原の神様の意見です

RIM0098.jpg

人間の勝手な行動で、自然界の神様達に、
これ以上迷惑をかけないように、
一人一人が気付かなくてはなりませんね
オジロワシさんも見ていますよ

RIM0102_20130612210712.jpg

RIM0106_20130612213732.jpg

RIM0114_20130612213734.jpg

RIM0115.jpg

水温を計り、ゴミを拾いながら、湿原河川調査、
無事に終了です
岡ちゃん&山ちゃんお疲れ様でした
また来週頑張りましょうね

DSCF2448.jpg

終わった後に平塚と待ち合わせをして、釧路に出ました
お天気だったので、川原でお昼を食べていると・・・

DSCF2442.jpg

あれれ海の方向から、白いものが・・・

DSCF2447.jpg

なんと大量の海霧が発生していました
温暖な気流と、寒流がぶつかっているので、
霧が大発生していたのです

DSCF2450.jpg

この霧が摩周湖まで上がるんですよ
急に気温が下がり、寒くなりました
夏でも霧が出ると寒くなります
これが釧路なのです

DSCF2452.jpg

今日の道内は、旭川や名寄の内陸で30度を越える夏日になり、
熱中症や、食中毒警報も発令されました。。

6月なのに大変な気候になっています
あれだけ寒い5月だったのに・・・
いきなり30度は体が疲れてしまいますね

私達の十勝旅もそうでした
ここからは、先日の続きになります

盆地の十勝も、日曜日は30度まで気温が上がり、
めちゃくちゃ暑かったですよ

6102340_20130612215746.jpg

6102342.jpg

キャンピングカーで一夜を明かし、
清々しい朝を迎えながら、十勝平野の先に見える、
日高山脈に癒されながら、快適にドライブをしていました

6102335.jpg

この時は良かったのですが、太陽が高く上がると、
ジリジリと暑さが全身に直撃するので、体がびっくりしていましたよ

6102341.jpg

目的のガーデニング巡りも、炎天下なので、
一番行きたかった、十勝ヒルズに目的を絞りました!
私一人で回ってきました

DSC_1900.jpg DSC_1886.jpg

入り口にある、お洒落なレストランでは、園内の無農薬畑で収穫した野菜を、
フレンチのシェフが美味しくお料理したり、オリジナルの食品や、
ガーデニンググッズなども販売されていましたよ

DSC_1882.jpg DSC_1909.jpg

DSC_1912.jpg DSC_1883_20130612221110.jpg

とてもお洒落な、ディスプレイでした

DSC_1910.jpg DSC_1911.jpg

すでに私は汗だくでしたが・・・
せっかく来たので、園内を散策しました☆

DSC_1904.jpg DSC_1905.jpg

テーマ事に分かれている園内には、石釜で焼くピザ窯体験も出来たり、
動物さんとのふれあいコーナーまでありました

DSC_1903.jpg DSC_1887.jpg

可愛いヤギさんも、あまりの暑さにぐったりですね

DSC_1923.jpg DSC_1925.jpg

私も汗だくになりながら、散策を続けました

6102416.jpg

お花はちょうど入れ替えの時期だったので、
チューリップも、クシロヤエザクラも散っていましたが、
落ちた花びらも綺麗でしたよ

DSC_1907.jpg DSC_1901.jpg

これからは、ルピナスやバラ、ユリなどが満開になる予定です

DSC_1908.jpg DSC_1898.jpg

私が一番感動したのは、池に浮く、蓮の花でした
北海道でも見る事が出来るなんて感激です

6102424.jpg

6102425.jpg

木陰のベンチでのんびり眺めていたかったのですが・・・
この日はもう弟子屈に戻らなきゃならないので、
時間が無くて残念でした

DSC_1891_20130612221923.jpg 

DSC_1890.jpg

汗だくになって、キャンピングカーに戻ると・・・

DSC_1850.jpg


見張り番のトトロも、暑いと夏バテ気味で・・・

DSC_1849.jpg

さらに、平塚は裸に近い状態で寝ていましたよ
暑さに弱い弟子屈人なので、窓を開けて、
快適に昼寝をしていたのです

DSC_1915.jpg

しかも、自由に飲める、甘くて美味しいお水で体を拭いて、
ちゃっかり、涼んでいました

DSC_1914.jpg DSC_1916.jpg

私も美味しい十勝ソーダを飲みながら、
オープンカフェで休憩です

6102414.jpg

中身はなんと!
長いもビネガーのソーダ割りです
他にも、小豆ソーダに白花豆ソーダなど、
お店でも販売されているビネガーを使ったドリンクが、
メニューにありました

DSC_1917.jpg 

畑をレンタルして、無農薬での栽培法を学べたり、
大地の恵みをお洒落に商品化して、深いコンセプトで頑張っていましたね
十勝ヒルズ、なかなか楽しめましたが、もっと涼しい時に来たかったです

なんて贅沢な事は言えませんね

夕日を見ながら弟子屈に帰りました

6102433.jpg

私達は、夏の間、カヌー三昧になるので、
良い季節に旅が出来ません
なので、思い切って出かけて一泊で帰ってきます
そうやって一瞬の夏を味わないと、あっという間に冬が来てしまうからです

旅する皆さんにも、色々な情報をお届けできるように、
旅する人の気持ちを忘れないように、
キャンピングカーの一泊旅!
チャンスがあれば、また行きたいと思っています

また次回をお楽しみに

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する