ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

新緑の源流へ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



お知らせです

今年も、シーズンのご予約を頂き、ありがとうございます
6月19.20.21.22,25,29日は予約が埋まりましたよ

また、7月1日~6日まで間は、
リピーターさんプラス6名様をご案内する予定なので、
この間のご予約はお断りさせて頂きます申し訳ありません
また、7月9,10,12,13,29,30,31日
   8月8,14,24,25日も予約が入りましたので、
   よろしくお願いいたします

皆様の笑顔の為に、今年も頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします

~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

昨日まで降っていた、強い雨も止んで、
今日は清々しい青空が広がりましたよ

SCF2538.jpg

今朝は、なんと!朝の4時にミーコに起こされました

前日は雨で、一日寝て曜日だったので・・・
必ず次の日は、早朝に起こされるのです

DSC_1957.jpg 

目をこすりながら、外に出てみると・・・
素晴らしい朝日を拝むことが出来ましたよ

SCF2543.jpg

SCF2534.jpg

フレッシュな空気に、体と心が目覚めます

SCF2546.jpg

朝靄が神秘的な演出をしていました

SCF2548.jpg

早起きもいいもんだな~

SCF2552.jpg

小鳥達も太陽が昇ると、一声に鳴き出します

SCF2557.jpg

やはり、朝は素晴らしい色でした
神々しい光に感謝ですね

SCF2558.jpg

日中は、グングン気温も上がり、
動くと汗ばむ陽気になり、暑かったですよ
毛皮を着ている、ミーコも、冷たい廊下でゴロゴロしたり、
日陰でまったりしていました

SCF2559.jpg

SCF2564.jpg

SCF2567.jpg

さて、今日は、やっと平塚の予定が空いたので、
お庭の草刈りをしましたよ
雑草は、一気に成長するので、手遅れになる前に、
刈ってもらって良かったです!

SCF2562.jpg

そして、夕方から、源流を下ってきました
私はしばらくカヌーに乗っていなかったので、
平塚を前に乗せて練習してきました

SCF2571.jpg

屈斜路湖も相変わらず綺麗ですね
釧路川の入り口、ちょうこ橋から、
夕暮れの源流へ、ゆっくりと吸い込まれてゆきます

SCF2576.jpg

SCF2582.jpg

流れに乗る瞬間は、いつも気持ちいいです

SCF2586_20130616215640.jpg

でも、今年の源流は倒木が多いので、
後ろを漕ぐ人は、のんびりしていられないのです!!

SCF2583.jpg

SCF2614.jpg

水面下にある沈木にも注意しながら、
カヌーはどんどん進みます

SCF2590.jpg

平塚には、漕がないで!
と言ってあるので、私の操作だけで進んでいます
練習ですからね

DSC_1971.jpg 

前に乗る平塚は、撮影班になり、
アオサギや、カワアイサの水鳥さん達を撮影していました
木の枝に見えますが、アオサギさんなのです

SCF2587.jpg

SCF2588.jpg

可愛いですね

SCF2594.jpg

SCF2596.jpg

と、ここまでは余裕なのですが・・・
源流は刻々と表情を変えて、急に狭い川幅になりますよ

SCF2623_20130616221147.jpg

SCF2611.jpg

左右から木が倒れているので、カナディアンカヌーを漕ぐ人は、
巧みな操作が要求されます
ボーっとしていると、直ぐに木に張り付くので、注意ですよ

DSC_1993.jpg

鏡の間の入り口は・・・まぁ入りにくい事!
昨年は入り口が見えていましたが、
右岸から木が倒れているので、今は見えません。。
その木をよけながら、大回りして右に入るので、
初めての人は、気付かないでスルーでしょうね・・・

SCF2613.jpg

鏡の間は、昨日の雨で、木々の葉や、ヤナギの綿毛が浮いているので、
あまり綺麗ではありませんでしたが・・・

SCF2610.jpg

奥の森は、神聖な空間なので、
やはり心もホッこりしますね

DSC_1981.jpg DSC_1975.jpg

DSC_1979.jpg DSC_1988.jpg

DSC_1983.jpg DSC_1985.jpg

甘い湧き水を飲んで、
パワーを注入です
そして、再び川へ戻ります

川のど真ん中に、木が突き出でいるので、
上流からストリームインしないと、
ひっかかりますよ~

SCF2613_20130616224408.jpg

SCF2651.jpg

一本目の橋、みどり橋を過ぎると、
古い橋げたの跡があります。
真ん中を通過すると・・・

SCF2622.jpg

その先には、左から木が倒れているので、
右ギリギリを通過し、その先が注意ですよ!

SCF2623_20130616224406.jpg

SCF2625.jpg

左カーブなのですが、右に大回りしてしまうと、
この木に張り付き沈します・・・
今の水量にはパワーがあるので、負けないように操作しましょう

SCF2626.jpg

SCF2633.jpg

途中、川底が真っ黒になっていましたが、
これは、ウグイというお魚の群れなんですよ

SCF2635.jpg

雨が降ったので、少し濁っていますが、
落ち着くとクリアになるので、魚をはっきり見る事が出来ます

SCF2634.jpg

この後も、嫌味な倒木を交わしながら、
平塚愛は進みます

SCF2645.jpg

本当にギリギリ1艇しか通れないのです・・・。

SCF2670.jpg

前に乗る、お客様にも、何度も頭を下げてもらい、
木の下を通ります
それにしても、一気に森が茂りましたね
びっくりです

SCF2628.jpg

SCF2641.jpg

SCF2653.jpg

今年の源流は、本当に嫌味な木があり、
難しいですよ

SCF2654.jpg

いつのまにか、パドルが3本に??
倒木に引っかかっていた、ダブルパドルを2本回収してきました
このファルト?の方は大丈夫だったのでしょうか・・・
ん・・・今年も事故が多そうだな。。。

美留和橋までの間で、沈をしている人は、
その先では遭難する恐れがありますよ
自分の技量と相談して、下りましょうね

DSC_1991.jpg

SCF2682.jpg

私は美留和の瀬も快適に下りましたが、
水量があるので、水がたっぷり入りますよ

SCF2681.jpg

赤い橋が、ゴールの美留和橋です☆

SCF2692.jpg

橋に付いている看板の距離は、間違っているので、
ツーリングカヌーの人は、気をつけて下さいね!
美留和~摩周大橋までの距離は、
7キロではなく、15キロはありますからね!!
(土壁の手前が、カヌーの墓場になっています

SCF2693.jpg

SCF2688.jpg

DSC_2001.jpg

橋をくぐって左岸に着艇しますが、
ちょっとした瀬があるので、気をつけてゴールしてください

DSC_2003.jpg


夕暮れの心地良い風に癒されて、
私は快適に下れましたが、
今年は、みどり橋までが難しいので、
早めの操作、スカウティングも必要です
みなさんも気をつけて下りましょう


また次回をお楽しみに

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する