ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

救急救命講習会☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

道内は、昨日から気温も上がり、少しだけ、
春を感じる柔らかい空気に変わりましたよ

SCF0272.jpg SCF0267.jpg

道路の雪も、どんどん融けてるので、すごい水溜りになっています
我が家の玄関前も、融けた水が流れ込んでくるので、
今日もバケツでセッセと水を運んでいました

SCF0269.jpg SCF0273.jpg

昨日の夕日は、とても穏やかで、じっくりと魅入ってしまいました

SCF0265.jpg SCF0266.jpg

SCF0275.jpg SCF0270.jpg

さて、昨日は、弟子屈消防署で、救命講習会がありました
カヌーガイドさん達と、内容の濃い講習を受けて来ました

SCF0279.jpg SCF0278.jpg

昔の救命方法と違う点は、人工呼吸をするときは、空気を上手く入れられなくても、
2回までという回数を決めて、心臓マッサージを重視している点でした

SCF0280_20130313185650.jpg SCF0283.jpg

とにかく、脳死を避けるために、止まっている心臓をマッサージして、
血液を体中に回し、、脳に送ることが大切なのです
その人が生き返るまで、救急隊が来るまで、交代の人が来るまで、やり続けることだそうです!

SCF0285.jpg SCF0284.jpg

そして、色々なタイプのAEDを使って、実際に平塚がやってみました。
音声で分かりやすく話してくれるので、初めての人でもやりやすく、
出来ると思いますよ

SCF0318.jpg SCF0286.jpg

電気ショックをかけるときは、触らないように周りの人に声をかけます。
水で体が濡れているときは、パットを張る場所を拭いてからショックをかけます。
女の人はブラジャーのホックをはずすので、中にはハサミやゴム手袋、も入っていました

SCF0299.jpg SCF0315.jpg

弟子屈町内でも、道の駅や学校など、35箇所に設置されています
だいたいがアメリカ製のこのタイプですが・・・

SCF0313.jpg SCF0314.jpg


今は、日本製の使いやすいAEDも販売されていますよ
さすが日本人が作る商品です
もっと分かりやすく、簡単な手順になっているので、これから買う人にはお勧めですよ

SCF0316.jpg SCF0293.jpg
 
子供や赤ちゃんの場合の対処法や、
血液が体の20%失うと、症状が出てくる事も勉強しました。
大人の体で、体重の8%の血液が流れているので、
2ℓ~3ℓ失うと危険です・・・。
早めの止血が必要になります。
タオルで、押さえつける止血法はもちろんですが、
ビニールでの止血方法も、いい考えだなと、参考になりました

SCF0300.jpg SCF0302.jpg

カヌーガイドの講習会だったので、パドルを担架に出来ないか実験したり、

SCF0303.jpg SCF0304.jpg

ライフジャケットを使って、人を運ぶ実験も、どんどんやってみました
ウッドパドルは、折れてしまいそうなので、人が運ぶ方法が一番いいみたいですね
ライフジャケットも、痛くないのでお勧めでした☆

SCF0307.jpg SCF0310.jpg

最後に、くらちゃん持参のDVD、
雪山での事故、雪崩が起こった場合や、捜索方法、人の運び方などを、
消防に勤める、救命救急隊員さん達と一緒に観ました

弟子屈町は、観光でアウトドアの出来るフィールドが多いので、
隊員さんたちも、逆にガイドさんに川でのレスキュー法や、
川と道路の近い場所などを確認して、話し合っていました

とてもいい時間でした

沢山の人が来る夏に備えて、ご案内するガイドさんたちも
常にスキルアップしていますよ

DSCF4870_20130313193543.jpg DSCF4833_20130313193546.jpg

DSCF4899_20130313193540.jpg IMG0115_20130313193640.jpg

DSCF4855_20130313194418.jpg IMG0116_20130313193636.jpg

今年も、沢山の笑顔の為に、頑張ります

また次回をお楽しみに



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する