ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

和琴半島スノーシューへ☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みんさんこんにちわ

今日は、屈斜路本家に用事があったので、届け物をした後に、
和琴半島へ向かい、スノーシューをしてきましたよ

DSCF9802.jpg MG0353.jpg

DSCF9800.jpg DSCF9801_20130214184735.jpg


半島にある露天風呂は、冬でも人気があり、
この後、続々と人が入ってきました

DSCF9797.jpg DSCF9798.jpg


半島の森に入るので、お邪魔しますと、一言ご挨拶しました

DSCF9808.jpg DSCF9811.jpg

ここには、2つの神社があります
まずは、そこへ向かい、和琴半島の神様にもご挨拶しましょう

DSCF9812.jpg DSCF9814.jpg

今年はいつもより、雪深いですね
通称、赤神社さんにご挨拶をして、さらに奥へ進みます

DSCF9816.jpg DSCF9824.jpg

2つ目の神社は、青神社です
屋根が青いから、そう呼ばれているみたいですね

DSCF9825.jpg DSCF9830.jpg

いつも夏の和琴半島カヌーでは、お世話になる事、
守っていただいていることに感謝して、祈りましたよ
そして、裏の森へ入りました

IMG0354.jpg DSCF9854.jpg

和琴半島の主?でしょうか
オオトカゲさんのような倒木が、ずっしりとこちらを見ていました
夜になったら、本当に歩き出しているのかもね?

DSCF9817.jpg DSCF9818.jpg

ここ数ヶ月、緑を見ていないので、この小さな緑でも、心がホコッとしますね

DSCF9822.jpg DSCF9823.jpg

自然界が創り出す、偶然の芸術には毎度、感動させられます
木が人間の手に見えたり、笑顔に見えたり、本当に面白いですね

DSCF9844.jpg DSCF9851.jpg

途中から、けっこうな斜度もあるので、なかなかいい運動になりましたよ

DSCF9806.jpg DSCF9860.jpg

ここは、深い森なので、夏はブッシュで、入れない場所です

DSCF9837.jpg DSCF9835.jpg

冬だからこそ、味わえる空間なので、森の豊かさに感謝しながら、
スノーシューを楽しみました

DSCF9832.jpg DSCF9833.jpg

冬は、小さな鳥達が、集団で越冬しています
こんな冬でも、鳴き声が聞こえてくるんですよ
中にいる幼虫を、食べた跡ですね
みんな一生懸命生きています

DSCF9841.jpg DSCF9842.jpg

DSCF9867.jpg DSCF9868.jpg

和琴半島は、溶岩が盛り上がって出来た島なので、地熱の高い場所が沢山あります
山頂に近づくと、土が顔を出していましたよ
あったかい場所なので、越冬している野生動物さんもいますね

DSCF9853.jpg DSCF9857.jpg


DSCF9848.jpg DSCF9849.jpg

途中、カツラの大木に巻きついていた、大きな山葡萄のツルを見つけましたよ
平塚がぶらさがっても、びくともしません! すごいですね

DSCF9863.jpg DSCF9864.jpg

深い森をヨイショ~ヨイショ~と登り、山頂を越えると・・・

IMG0362.jpg IMG0360.jpg

凍結した屈斜路湖が見えて来ましたよ

DSCF9869.jpg DSCF9887.jpg

この風景が見えて来たら、後は下り坂です

DSCF9879.jpg DSCF9878.jpg

スノーシューの醍醐味は、下り坂を思いっきり駆け下りる快感を味わうことです

DSCF9882.jpg DSCF9876.jpg

フカフカした深雪を、体が宙に浮いた感覚で走りました

IMG0367.jpg DSCF9883.jpg

何度も転びましたが、雪のクッションがあるので、全然痛くないのです

DSCF9877.jpg DSCF9884.jpg

吹き溜りの場所で転ぶと・・・・こんなに深く埋もれてしまいました
自分の足は何処へ??
脱出するのも大変ですが、こんな体験もスノーシューの醍醐味なのです

DSCF9875.jpg DSCF9874.jpg

そして、オヤコツ地獄が見える展望台に、やっとこ着きました~

DSCF9888.jpg DSCF9894.jpg

夏には、源流一日コースでお世話になっている場所も、
人の臭いがしない空間になっています

DSCF9893.jpg DSCF9889.jpg

温泉の沸いている所だけ、氷が融けていますね

DSCF9897.jpg DSCF9892.jpg

DSCF9900.jpg DSCF9898.jpg

ここから眺める、冬の屈斜路湖も好きです
温泉の沸く音を聞きながら、自然との対話を味わいましたよ

DSCF9895.jpg DSCF9896.jpg

帰り道は、夏に歩いている散策路を通るので、楽チンです

DSCF9901.jpg DSCF9912.jpg

DSCF9909.jpg DSCF9902.jpg

夏には、カヌーで足湯を楽しんでいた、露天風呂も水位がちょうどいいですね
連休中に入った人が沢山いるのかな?
この場所までの足跡が、びっしりついていましたよ
昔は秘密の場所だったのに、今は有名になってしまいましたね

DSCF9905.jpg DSCF9906.jpg

半島の森を抜けると、平塚は湖面を歩いていましたよ
温泉が沸いている場所なので、危ないのいな
よい子は真似しないで下さいね

DSCF9914.jpg DSCF9915.jpg

落ちても助けないよ~

DSCF9916.jpg DSCF9917.jpg

車に戻ると、こ~んなに素晴らしい風景が待っていてくれました

DSCF9920.jpg DSCF9925.jpg

オオハクチョウさんと、夕日を眺めながら、コーヒータイムにしました

DSCF9927.jpg DSCF9928.jpg

バレンタインなので、チョコレートもパクパクと頂きます
ミーコから平塚への義理チョコ?です

DSCF9922.jpg DSCF9929.jpg

私は、椎橋さんからのお土産を頂きましたよ
いつもありがとうございます

DSCF9924.jpg DSCF9926.jpg

あったかいコーヒーとおやつ、そして若い裸族の裸を眺めながら、
とっても美味しく頂きましたっ!


和琴半島のスノーシュー、時間は約1時間30分位かな?
雪深い場所に入るので、いい運動になり、汗だくにもなりましたが、
楽しかったです!


また次回をお楽しみに
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する