ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

重たい雪。。

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト



   お知らせです

11月12日から、釧路川の入り口、ちょうこ橋の工事が始まります
全面改修工事なので、この橋をくぐることが出来ません
予定では、12月末頃までかかるそうなので、
年内は、源流コースをお休みさせて頂きます
どうぞよろしくお願いします



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆


みなさんこんにちわ

こちらは、先週末から雪が降り続けていましたよ
ひどい吹雪になり、除雪しても~積もる雪にお手上げ状態でした


DSCF8247.jpg DSCF8248_20121211201811.jpg

今日は、やっと雲が割れて、青空を拝むことが出来ました

DSCF8256.jpg DSCF8254.jpg

DSCF8257.jpg DSCF8255.jpg

朝起きると、どこもかしこも雪だらけ!
お庭の木も、モンスターのような樹氷になっていましたよ

DSCF8260.jpg DSCF8273.jpg

今回の雪は3日間、降って~降って~積もりましたね
水分を含む、重たい雪に、除雪する体が悲鳴を上げています

DSCF8272.jpg DSCF8266.jpg

ミーコもビックリだニャ

DSCF8258.jpg DSCF8259.jpg

乾いた場所を見つけて、得意の業? 背中をスリスリ~しています

DSCF8264.jpg DSCF8263.jpg

そして直ぐに、薪ストーブの前にダッシュして温まります
外で遊べないので、冷蔵庫の上に上がったり、温かい場所を探すのは得意なんだニャ

DSCF8251.jpg DSCF8238.jpg

外では、たくましく、野良猫ちゃん達が生きていますよ

DSCF8271.jpg DSCF8270.jpg

ポニーちゃんも、元気です

DSCF8269.jpg DSCF8267.jpg

みんな、頑張って越冬しようね

DSCF8265.jpg DSCF8241.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日で、震災から1年9ヶ月が経ちましたね

一ヶ月前の今日は、仙台に里帰りをしていたので、
着いて直ぐの日曜日は、石巻にある祖父のお墓参りに行って来ましたよ。
お墓は、津波や地震の被害も無く、しっかりと建っていました。

DSC_0329.jpg DSC_0330.jpg

女川も、ひどい被害にあいましたが、海産物を売るお店も再開していたので、
みんなでお土産を買いましたよ
ささやかですが、復興のお手伝いは、被災地の品物を買う事も大事なので、
ワカメや冷凍ホヤ、秋刀魚のすり身、三陸のカツオ刺し、沢山買いました
全部美味しかったです!

DSCF7606.jpg DSCF7608.jpg

回転寿司で食べた、ホヤの軍艦巻きと、赤貝は、宮城の味でしたね
とっても美味しかったです(ホヤはやっぱり三陸が美味しいです!)

DSC_0326.jpg DSC_0327.jpg



その後に、海岸線を通りました。
津波で倒れた建物が、そのまま残っているので、悲しい現実が目に飛び込んで来ましたよ

DSCF7611.jpg DSCF7613.jpg

そして、大川小学校へ行きました。
あの、全校生徒さんが亡くなった学校へ。。



言葉の出ない空間でした 出るのは涙ばかり


学校の直ぐ横には、北上川が流れていました。
この、橋の横の小高い丘に非難して、津波にのまれてしまった事を、
父から聞きました。

DSCF7635.jpg DSCF7645.jpg

どうして、直ぐ裏の山に逃げなかったんだろうと・・・
考えれば考えるほど、悔やまれる命でした

DSCF7636.jpg DSCF7650.jpg

DSCF7651.jpg DSCF7628.jpg

DSCF7648.jpg DSCF7647.jpg

安全対策の避難経路や、色々な問題が、今でも議論になっています。

何も出来ない私は、ただただ祈ることしか出来ませんでした

DSCF7629.jpg DSCF7631.jpg

偶然なのでしょうか?
ここにいた時間が、津波の起きた2時46分で、この日は11日でした。
沢山の献花が備えてありました。

遠くから、消防車が警鐘を鳴らしながら、何台も、何台も、
学校の前を通ってゆきました。

DSCF7641.jpg DSCF7640.jpg

胸に響く、悲しい音でした 

DSCF7646.jpg DSCF7642.jpg



11日の今日も、同じ時間に黙祷しました

心から祈ると、涙が止まりませんね


日本の皆さん、1年9ヶ月経った今でも、被災地では時が進んでいません。

どうぞ、あの悲しみを風化させないで下さい。

福島の現実も、置き去りにしないで下さい。

この、小さな国で起きている現実を、皆さんもどうぞ忘れないで下さいね。



また次回をお楽しみに




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する