ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

湿原満喫コース☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

みなさんこんにちわ

昨日は、林君&ナオさんと一緒に、湿原の川下りを満喫してきましたよ

DSCF6201.jpg DSCF6204.jpg

10月に入ると、気温もグッと下がり、緑の湿原は、一気に秋の色に染まっていました
この色を見ると、これから、長い冬が来るんだなぁぁと、そろそろ冬を迎える覚悟をします

DSCF6215.jpg DSCF6216.jpg

台風の合間をすり抜けて、うまく旅を続けている2人は、
達古武キャンプ場に、テントを張ります

ca4202.jpg ca4204.jpg

昨日は、火曜日の河川調査がずれて、水曜日の午前中になり、
平塚は、長い長い五十石コースを、ゴミ拾いしながら下ってきました
下流なので、沢山のゴミが流れて来て、大変だったそうです

午後から、岩保木水門まで下りたい!!
という、林君の願いを叶える為に、塘路湖~岩保木水門までの、ロングコースを、
特別に下る事にして、スタート前に、手作りランチをご馳走しました

DSCF6154.jpg DSCF6146.jpg

DSCF6150.jpg DSCF6151.jpg

2人の為に、一生懸命作りましたよ
ラム肉のペンネに、ラタトゥユ、きのこのマリネに、野菜たっぷりスープ

DSCF6164.jpg DSCF6147.jpg

DSCF6149.jpg DSCF6163.jpg

そして、美味しいカチョカバロチーズが手に入ったので、焼きチーズセットを用意しました
ロウソクで温めた、トロトロチーズをフランスパンの上に乗せて、熱々を頂きます
このメニューは、ランチ初登場ですが、林君もナオさんも、とっても美味しい~と、
喜んでくれました

DSCF6157.jpg DSCF6155.jpg

DSCF6165.jpg DSCF6160.jpg

ラム肉ペンネも、トマトとラムの相性がいいね~、美味しい~と、
林君も絶賛でしたね
2人が、とっても喜んでくれたので、一生懸命作って良かったです
これから長いコースを下るので、沢山食べて頑張るんだよ

DSCF6168.jpg DSCF6169.jpg

台風17号が去ったと思ったら、今度は19号が近づいているので、
空模様は不安定でしたが、奇跡的に、ひどい雨には合わなかったので、
2人はとてもラッキーでしたね

DSCF6167.jpg DSCF6166.jpg

優雅にランチをしていると、エゾリスさんが、木の実を一生懸命拾っていましたよ
冬支度をしているのですね

zx4009.jpg DSCF6170_20121004195312.jpg

エゾリスさんは、冬眠しないので、今のうちに木の実を、土の中に埋めて貯蔵します
たまに、埋めた場所を忘れてしまいますが、その実は木の芽になります
おっちょこちょいなエゾリスさんは、森を育てる役目をしているので、とても偉いのです

zx4016.jpg DSCF6173.jpg

エゾリスさん、頑張って越冬しようね

zx4003.jpg zx4005.jpg

さてさて、楽しい話に美味しいランチで、時間を忘れそうになりましたが、
のんびりしていられないんですよ!岩保木水門まで下るのですから

DSCF6180.jpg DSCF6181.jpg

下流の塘路湖は、増水していました
やっと普通の水位に近づいたので、ホッとしますね
漕げ漕げエンジンの、ナオさんを前に乗せてスタートです
林君は手を怪我しているので、真ん中の大名席に座ります
行ってらっしゃーいと、見送ったのが午後の2時でした
漕げ漕げで細岡まで下ります

DSCF6182.jpg DSCF6183.jpg

ナオエンジン頑張るのだ

DSCF6186.jpg zx4019.jpg

DSCF6187.jpg DSCF6188.jpg

奇跡的に、風が無く、とてもいい条件で、下る事が出来ました
お天気は2人の味方ですね
どうぞ最後まで守って下さいねと、祈りながらみんなを見送りました

ca4220.jpg ca4223.jpg

支流のアレキナイ川も、水が豊かになったので、視界も広くなりました
良かったですね

ca4230.jpg ca4231.jpg

細い支流を抜けると、いよいよ釧路川と合流します

ca4238.jpg ca4239.jpg

川幅も広がり、流れを感じながら、広大な湿原の中を下ります

ca4240.jpg ca4262.jpg

ひょっこりと、エゾシカさんが顔を出してくれました

ca4246.jpg zx4059.jpg

湿原も紅葉も始まりました

ca4247.jpg zx4068.jpg

そして、ラッキーな事に、オジロ鷲さんとも出会う事が出来ましたね

zx4036.jpg zx4029.jpg

その存在感に、言葉を失います 本当にかっこいいです

zx4034.jpg zx4032.jpg

ラッキーな事に、ミンクも顔を出してくれました

zx4052.jpg zx4053.jpg

風も無く、人のいない湿原は、とても静かで、大きな物に包まれている、
そんな豊かさを感じることが出来ました

ca4251.jpg ca4254.jpg

心地良い流れに乗りながら、みんなは自然の一部となってかえってきましたよ

DSCF6196.jpg DSCF6192.jpg

林君は真ん中の大名席に座って、優雅に細岡到着です

DSCF6200.jpg DSCF6201_20121004204645.jpg

他社のカヌーは、みんなここでピックアップしていきますが、
私たちは、まだまだ川旅を続けるので、トイレタイムをしてから、
直ぐに後半をスタートさせました

DSCF6205.jpg DSCF6206.jpg

後半は約6キロなので、日が沈む前に、ゴール出来る事を祈り、
みんなを見送りました

DSCF6209.jpg DSCF6212.jpg

この先も楽しんでね 行ってらっしゃーい

ca4263.jpg ca4264.jpg

日本一大きな湿原の中を、縫うように流れている釧路川です
この体験を、心と体で味わいましょう

DSCF6217.jpg DSCF6225.jpg

DSCF6224.jpg DSCF6228.jpg

しばらく下ると、森と葦林が切れて、視界が開けます
奇跡的に、風が無いので、川面に映っていますね

ca4276.jpg ca4278.jpg

素晴らしい空間です なかなか無い好条件です!

ca4286.jpg ca4301.jpg

増水した支流に入って休憩ですここでコーヒータイムをしましたよ
水が豊かにならないと、この空間は楽しめないので、本当にいい時に来れましたね

ca4288.jpg ca4280.jpg

湿原に包まれながら、コーヒーを味わっていると、なんと!
空が焼けてきましたよ~

ca4323.jpg ca4332.jpg 

ca4343.jpg ca4340.jpg

刻々と変化する、天空ショウに、見とれてしまいましたね
この風景をカヌーの上から、しかも湿原の中で見れるとは、
奇跡としかいいようがありません

ca4327.jpg ca4329.jpg

すべてのお導きに感謝です

ca4353.jpg ca4354.jpg

搬送の私も、空が焼けるのを、水門の近くで見ていましたよ

DSCF6231.jpg DSCF6230.jpg

みんなは、そろそろ着く頃かな~と、ゴールの水門前で待っていました

DSCF6240.jpg DSCF6246.jpg 

いつもは、午後から海風が吹くのですが、この日は見事に無風です!
一日風が吹かないなんて、めったにないんですよ

DSCF6241.jpg DSCF6237.jpg

静寂の水門前に立っていると、ピチャピチャと、魚の泳ぐ音がしました
なんと! 鮭がウライを飛び越えて、ここまで遡上してきたのです
水音もかなり聞こえるので、感動でしたよ

DSCF6239.jpg DSCF6238.jpg

鮭の泳ぐ音と、エゾシカの雄が鳴く、悲鳴のような求愛コール・・・
だんだん日も暮れて真っ暗になるというのに、カヌーは何処へ。。。

DSCF6247.jpg DSCF6251.jpg

心配になり、平塚に電話すると、支流で焼ける夕日を見ていたので、遅くなったと応答アリ
ラッキーな事に、ナオさんが、ヘッドライトを持っていたので、
照らしながら下っているから大丈夫だよ~と、言うので、
安心&びっくりしながら、私もライトを照らしながらみんなを待ちました


こんな事は初めての事ですよ
風が無いので、本当に良かったです!

ナオさんの、灯りが見えるとホットしました
このゴールの感動は、味わった事の無い感動でしたね

DSCF6254.jpg DSCF6253.jpg

DSCF6255.jpg DSCF6257.jpg

真っ暗闇で、無事にゴールしました
ナオさんも、全開で漕いでくれたので、本当に助かりましたよ
とにかく無事で安心しました

DSCF6258.jpg

そして、私たちは林君リクエストのザンギを食べに、釧路のネオン街へと向かいました

DSCF6266.jpg DSCF6267.jpg

林君もすっかりはまってしまいましたね この味に!
熱々のザンギを、自家製ソースで頂きます たっぷりと白コショウを入れてね

DSCF6263.jpg DSCF6262.jpg

これこれ、この味だぁ~と、一口食べると、車酔いもどこかへ飛んでいきましたね
マスターのサービスで、揚げ餅と、お土産まで頂いて、来た甲斐がありましたね

DSCF6264.jpg DSCF6265.jpg

いつもありがとうございます
お腹も心も満腹になりました

DSCF6268.jpg

この2日間、食べて~遊んで~カヌーに乗りながら、北海道大満喫の旅になりましたね

DSCF6121_20121004214812.jpg DSCF6131_20121004214811.jpg

DSCF6101_20121004214811.jpg DSCF6110_20121004214810.jpg

大切な彼女を初めて連れて来てくれたので、私たちも一生懸命ご案内しましたよ
スーパーリピーターさんになったので、大サービスさせて頂きました

ca4169_20121004214809.jpg ca4174_20121004214810.jpg

DSCF6033_20121004214859.jpg  DSCF6025_20121004214859.jpg

DSCF6030_20121004214858.jpg DSCF6086_20121004215511.jpg

みんなの思いが天に通じたのか、ひどい雨にも合わずに、神々的な風景も見る事が出来て、
本当に良かったですね

DSCF6136_20121004214901.jpg ca4329.jpg

林君、ナオさん、2日間の釧路川満喫ツアーはいかがでしたか?

今度は一面の銀世界も見てみたいと、ナオさんが話していたので、
冬も来ちゃうのかな??

私たちは、ここにいるので、またお時間見つけて遊びに来て下さいね

2人の笑顔に逢えて良かったです


またいつか、逢いましょうね






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました!

平塚さん、愛さん今年もお世話になりました!
次々やって来る台風を尽くかわし、いつもの海路ではなく空路、しかも連れありと、かなり勝手が違いましたが、楽しく休暇を満喫できました。
毎年夏、秋に弟子屈に通いもう4年。なのに飽きないでカヌーに乗りたい気持ちになるのは、毎年訪れる度に去年とは違う体験ができるからだと思います。今年は細岡より下流が風が出ず条件が揃ったことで岩保木まで下ることが出来たし、釧路湿原の魅力再発見がまだまだあって新鮮な感動が尽きないのがいいですね。
連れも良かった良かったを連発していて、初北海道の印象はかなり良かったみたいです。

今度は手の怪我治して自力で岩保木まで下るぞ!自艇欲しい!

はやし | URL | 2012-10-06(Sat)23:22 [編集]


お返事です☆

林君へ☆

無事に着いたんだねe-348e-319

達古武キャンプ場で、エゾシカに囲まれた2人が、私達を見送ってくれてから、
その後が心配でしたが、無事だったのね~e-348e-287

台風の合間に、うまく旅をしましたねe-460e-267

本当に良かったねe-465e-405

湿原のナイトクルーズも、今までに無いツアーでしたが・・・
無事に事故無く終わり、2人も満足してくれる旅になったので、
私達もホッとしていますよi-228i-176

4年目のカヌー体験でも、毎回違う発見と感動があることは、
本当に、素晴らしい事ですねe-460

夢を形に、着々と変えているので、次回は、いよいよマイカヌーデビューでしょうか?!!

まずは、手の怪我をしっかり治してから、遊びに来るんだよ~e-348e-267

来年も、2人に逢えるのを楽しみにしていますe-466e-405

コメント嬉しかったよe-343

ありがとうねe-466元気でねe-463


aicanoe | URL | 2012-10-07(Sun)19:54 [編集]


余韻。

一週間の休みもあ!っとゆー間に終了
今日は休日日直です。
マイカヌーはモンベルかフジタカヌーか…ネットでにらめっこしてホクホクしてます。平塚さん、ラダーはアルフェックには付かないみたいです。
愛さんから頂いたお土産を少しづつ食べながら北海道の余韻に浸っています。
そう。僕の北海道旅行は愛さんのお土産を食べきるまでが遠足、じゃなかった旅行なのだ。

久しぶりの病院にちょっと戸惑うはやしでした。研修医諸君頑張ってくれー

はやし | URL | 2012-10-08(Mon)14:06 [編集]


お返事です☆

林先生、休日日直ご苦労様ですe-466e-267

そして、またまたコメントありがとうi-236i-234

一週間のご褒美休暇は、あまりにも内容が濃すぎて、現実の世界に戻るのが大変だねe-330
林先生は病院リズムに戻れるのでしょうか。。。

戻らなくては困ります!

でも、もう少しご褒美を味わい、お土産のお菓子を食べたり、
ブログを見たり、余韻を楽しんでねe-405

次の目標、マイカヌーも早速調べているのは、さすが、有言実行男! 行動が早いですe-405

アルフェックに、ラダーが付くタイプがありますよ!!
でも、ボイジャーの460には、付かないみたいですe-330

付くタイプは、ボイジャーの520Tしかないみたい!
(2人艇だとね)

無くても大丈夫だと、平塚は言っておりますe-465
もっと詳しく知りたいなら、電話やメール下さいね~e-348

林先生頑張ってe-348e-463


aicanoe | URL | 2012-10-08(Mon)15:52 [編集]