ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

旭山動物園☆

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日の弟子屈は、最高気温が10度という、かなり寒いお天気でしたよ
家の中は、まだまだヒーターが必要です。。

外は、やっと緑の世界に染まったのに・・・
暖かい陽気が早く続いて欲しいものです!

さて、昨日の続きです
半袖で歩いた、旭山動物園の暑さが恋しい画像になりますが、
平日の動物園は、人もいないので、最高でしたよ

RIMG4429.jpg RIMG4431.jpg

ペンギンは鳥だったんだ~
と、7年前に初めてこの画を見て、感動したのを思い出しました

RIMG4404.jpg bb5277.jpg

今回の私は、壁に描かれている、
あべ弘士画伯の壁画の方に目が行ってしまいました
ペンギンはやはり鳥だったんだな~というストーリーです
のびのびとした画伯の画は、2009年、
一緒にアフリカツアーに行った時の事を思い出させてくれました

bb5280_20120527195654.jpg bb5281.jpg

揺れるサファリカーので、「揺ら揺ら画法」と言いながら、
サラサラとスケッチしている、天才画伯の絵を生で毎日見れたこと、
本当にラッキーな旅でした

その時のキリンの絵も飾られていたので、とても感動しました
親子キリンの絵は、私の一番好きな絵なのです

bb5422.jpg RIMG4441.jpg

動物園のキリンさんは、アミメキリンさんでした

bb5409.jpg bb5414.jpg

キリンにも種類があることをアフリカで知り、マサイキリンさんの事を思い出しました
動物園に来ると、いつも思うことは、動物にとって、
どちらの環境が、一番幸せなんだろうか。。と、いつも考えさせられます。。
首と舌を精一杯伸ばしても、届かない葉っぱ。。
餌はもらっているのですが、葉を採ってあげたくなりますね
(もちろん駄目です

bb5419.jpg bb5411.jpg

bb5404.jpg RIMG4434.jpg

園内に入って直ぐに出会うのが、フラミンゴさんです
アフリカ東部、ナクル湖で、何万羽のフラミンゴさんを見たのを思い出します
元飼育員だった、あべ画伯も、このピンク色を出す餌を作るのが大変だったと、
当時の苦労話をしてくれました
そうなんです、食べる餌の色が体に出るのですよ

bb5274.jpg bb5273.jpg

白熊さんです
あなたの事を考えると、いつも涙が出てきます
北極の氷が育たない為、餌を捕れず餓死している現実を考えると、
どこまでも悲しくなります

bb5348.jpg bb5357.jpg

白熊の祖先はヒグマだったと聞きました。
グリズリーとのハーフが生まれている事も聞きましたが、
絶滅する前に、生き残る為に、この先どんな道を歩くのか、
何も出来ない人間も、何かをしなきゃいけない事、
分かっていても何も出来ない無力さに、涙しか出ないこと、悔しい現実です。
と、檻の中にいる白熊さんを見て、
今も遠い北極で生きている、野性の白熊さんの事を思うのでした

bb5353.jpg bb5356.jpg

園内を歩くと、看板から自動販売機まで、あべさんの絵でした

RIMG4407.jpg RIMG4425.jpg

ほこっとする、あったかい絵なので、心が和みます
もちろん、ここで働く飼育員さんが描いた絵も素晴らしかったですよ
説明も、展示の仕方も、分かりやすく、本当に上手です

RIMG4422.jpg RIMG4426.jpg

RIMG4406.jpg bb5368.jpg

このエゾシカ絵巻は、知床財団さんが描いたもので、町に下りてくる鹿の現実や、
行動が分かりやすく描いてありました木の皮を食べてしまう食害や、
鹿も一生懸命生きていることもね
人間と野生動物の共存は、永遠のテーマですが、
地球に対してもそうですが、人間がもっと謙虚にならなくてはいけないような気がします

bb5375.jpg bb5370.jpg

園内には所々に、募金箱がありますよ
みなさん夢基金に、ご協力お願いします

bb5407.jpg RIMG4436.jpg

RIMG4433.jpg RIMG4435.jpg

シマフクロウさんもいましたが、哀愁の背中しか見る事が出来ませんでした
弟子屈のそばにある、養老牛温泉に泊まった時に、
野生のシマフクロウさんを見る事が出来ました
アイヌ語で、コタンクルカムイ、村の神様として崇められた、その存在感、
迫力に、言葉を失い、圧倒されたのを思い出します
森を壊す人間の事をどう思っているのか、恥じる気持ちで目を合わせました

ここでは、子育てをしていた巣も展示されていて、シマフクロウの大きさが実感できます

bb5377.jpg bb5381.jpg

なにげに、はまってしまった、フウセンウオさんです

RIMG4428.jpg RIMG4427.jpg

この子、かなりの癒し系です

bb5333.jpg bb5334.jpg

bb5335.jpg bb5337.jpg

そして、私が一番楽しみにしていた、アザラシ館へ行きました
修学旅行生や、観光客で、いつもい賑わっているので、なかなか撮影出来ないアザラシさん☆

bb5316.jpg bb5300.jpg

そこで、奇跡の2ショットが撮れました
この子は、円柱の水槽で、かなりの間止まってこっちを見てくれましたよ
いつもは一瞬で上に上がってしまうので、なかなか撮影出来ないのに、素晴らしい!

bb5302_20120527210108.jpg bb5303.jpg

素敵なショットをありがとうね

bb5301.jpg bb5304_20120527211544.jpg

RIMG4415.jpg RIMG4419.jpg

ただ浮かんでいるだけでも、癒されます

bb5297_20120527210059.jpg bb5298.jpg

RIMG4418.jpg RIMG4417.jpg

bb5429.jpg bb5325_20120527212315.jpg

RIMG4423.jpg RIMG4424.jpg

モグモグタイムも撮影して、大満喫の旭山動物園でした

bb5361.jpg bb5363_20120527212313.jpg

弟子屈町より、一足早い初夏の陽気、
まだ、こちらでは咲いていない、花達のパワーも頂いて帰ってきました

bb5420.jpg bb5424.jpg

改めて思う事

動物園にいるエゾシカを見て感動していた人が沢山いましたが、
檻に閉じ込められている、丹頂鶴やシマフクロウさんも、
ここでは自由に空を飛び回っています!
エゾシカさんも大地を走りまわっています!

野生動物がたくましく生きている、釧路川周辺の豊かな森があること、
とても幸せな場所に住んでいることを、
私自身、再確認出来することが出来ました

ちょっと離れてみると、見えてくる豊かさを、忘れては駄目ですね

旅する人の気持ちも忘れずに、今年も沢山の情報を持ってお待ちしています

また次回をお楽しみに

PS,今、霜注意報が出ています
  もう寒いのは嫌だよ~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する