ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

冬に逆戻り?!

ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

ツアーの詳細は、左側・カテゴリ『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150  
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4
                 (摩周湖の麓に住んでいます
         
                お気軽にお問い合わせ下さい




   
イラスト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

大地が緑に染まり出し、やっと春が来た~
という喜びも束の間。。。

昨日はなんと!雪が降りましたよ
川湯ではなんと、積雪9センチ。。。
冬に逆戻りしてしまいました

RIMG4127.jpg RIMG4128.jpg

お庭のスイセンや、エゾムラサキツツジもやっと咲いてくれたのに、
この寒さに戸惑いながら、頑張って生きています

RIMG4181.jpg RIMG4178.jpg

おまけに3日前から、すごい風が吹き続けています
最大風速27メートルという猛烈な風が吹き、
道路沿いにある大きな看板も倒れてしまいました

RIMG4177.jpg

昨日はプライベートで、大増水中の湿原をカヌーしようと思っていましたが、
凄い風が吹いていたので断念。。

細岡カヌーポートへ行ってみると、駐車場が水没していました

RIMG4131.jpg RIMG4130.jpg

一週間前は、まだ車が入れたのですが、雷の豪雨でまた増水したのです

RIMG4101.jpg RIMG4100.jpg

目線に川の表面が飛び込んで来るので、この水量にはビックリですね
14年前くらいに、これ以上大増水した記憶はありますが、
久し振りの大増水です!

RIMG4133.jpg RIMG4136.jpg

川から溢れ出した水が、湿原の奥まで流れ込み、大河になっていました!
何処までも漕いで行けそうです
エゾノバッコヤナギの木が、マングローブの木に見えますね

RIMG4134.jpg RIMG4135.jpg

細岡展望台に向かう砂利道も、右側直ぐに釧路川が流れ、
左側にも大きな水たまり、というか沼が現れていましたよ
落ちないように走りました

RIMG4140.jpg RIMG4139.jpg

RIMG4143.jpg RIMG4142.jpg

RIMG4144_20120513202547.jpg RIMG4144.jpg

強風で釧路川は波が立っていました
水量がすごいので、へんなうねりもあり、これではカヌーは危険です

RIMG4148.jpg RIMG4147.jpg

細岡展望台からの眺めです

RIMG4149.jpg RIMG4160.jpg

川から溢れ出した水が、湿原の奥へ奥へと入り込み、
湿地帯が大きな湖のようになっていましたよ

RIMG4154.jpg RIMG4151.jpg

RIMG4155.jpg RIMG4150.jpg

岩保木水門へ行ってみました

RIMG4172.jpg RIMG4170.jpg

いつもは車で降りれる場所も水没です

RIMG4166.jpg RIMG4167.jpg

RIMG4171.jpg RIMG4165.jpg

湿原が、大きなスポンジの代わりになっているので、
下流にある、釧路の町は浸水せずに済んでいること、
大きな湿原、自然に守られいる事も忘れてはいけませんね

RIMG4164.jpg RIMG4163.jpg

RIMG4161.jpg RIMG4162.jpg

一番心配なのが、丹頂の卵です。
これだけ湿原が水浸しになっているので、卵も水没しています
同じ場所を旋回しながら、探しているツガイの丹頂を見ました。
家の近所でも、コゥコゥと、鳴きながら飛んでる丹頂を見かけました。
この時期に、厳しい条件となってしまいましたが、
また卵を持って乗り越えて欲しいものです

RIMG4124.jpg RIMG4126.jpg

遠くの山には、雪雲がかかっているのが見えました
この寒さの中、厳しい条件でも、生きている植物、動物達がいます
私たち人間も、自然の為になれるように、
地球に貢献出来るような生き方が出来るように、
厳しい時代を考え、生き抜かなくてはなりませんね

RIMG4176.jpg RIMG4175.jpg

今さえ良ければいい・・ではなく、未来の子供達へ大切なものを残せるように、
出来ることをやりましょうね

また次回をお楽しみに
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する