ようこそ 釧路川へ

ノースイーストカヌーセンターで 釧路川をガイドしています ☆

ふきのとうとユーコン日記☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日も曇りの一日。。冷たい北風が吹いていました~

P3311122.jpg

雪が溶けてきたので、釧路川合流の川を見に行きました

P3311124.jpg

昨年護岸された中流は、真っ直ぐ流れる川になってしまいました

P3311125.jpg

川までは、まだ雪が深くて入れませんでした

P3311126.jpg

反対側の土手を見てみると・・・
あらら ふきのとうが顔を出していましたよ

P3311127.jpg

P3311129.jpg

ポコポコ ポコポコ 陽の当たる場所で生まれていました

P3311131.jpg  P3311130.jpg

遠くに見える青空は、優しい色をしています

P3311132.jpg

でも風が冷たいよ~

P3311134.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

連載中のユーコン日記です☆

8月22日☆4日目の朝です
久し振りの太陽にありがたさを感じます

SANY1117.jpg  SANY1119.jpg

トイレタイムで森の奥へ行くと、人の気配がなくなり、静寂を味わえます
木の上からリスが、ジジジと警戒音を鳴らします
この音で、何処でトイレしているのかがバレてしまうのです
太陽が出ると、蚊もすぐに飛び出して、お尻を刺されないように、パチパチ叩きながらします
センスを持っていくといいよとガイド友達のちあきさんに言われた言葉は納得で、
風を起こすと蚊も飛んでしまうので、かなり有効でした
フカフカの苔を長靴のかかとで深く掘り、トイレットペーパーは必ずライターで燃やします
そうしなしと、リスや小動物が掘り起こしてゴミとなるからです。。
残念だったのが、初日のキャンプサイトで、ティッシュの花が咲いていたことです
ペーパーの芯まで捨ててありました 多分日本人かな。。悲しいです。

SANY1118.jpg

青空の中をハクトウワシが優雅に飛んでいます

IMG_0949.jpg

連泊のキャンプサイト、2日間ありがとうございました

IMG_0875.jpg

そしていよいよ、野田さんとカヌーに乗る日がやってきました
スターンヘビーですが、よろしくお願いします

IMG_0926.jpg

野田さんも3日間後ろで漕ぎ続けたので、今日は前に乗って手を休めて下さいね
気持ちの良い青空の下、スタートです

IMG_0936.jpg

IMG_0927.jpg  IMG_0928.jpg

IMG_0938.jpg  IMG_0939.jpg

前に野田さんがいる風景がとても不思議でした
カナディアンカヌーに2人で乗り、ユーコンを下る、夢のようだった

P8242994.jpg

野田さんもご機嫌です

P8242979.jpg

P8242990.jpg

平塚は最年少の高校生、セロウに後ろを漕がせています
重たい荷物を積んで、細い腕でがんばります
平塚のスパルタカヌー指導?の声がユーコン川に響きます
もっと誉めて伸ばしてよ~と私。 野田さんもカヌーの筋肉が付いていないから
曲がらないんだよ と小声で言っていましたごめんねセロウ

IMG_0946.jpg

パワフル愛は頑張ります
私のストロークを野田さんはとても誉めてくれましたよ
女子のカヌーレースに出たらいいよ~フォッフォッフォッ~と笑顔で言っていました
そして野田さんのパワーもすごかったです
ワンストロークが強いので、グンと曲がり、舵を取る、私のパドルが追いつかず、参りました

IMG_0971.jpg

カナディアンカヌーは、後ろがハンドルなので、あまり手を休ませる事ができませんが、
野田さんは前に座り、パドルを置き、かばんの中からハーモニカを出して奏でてくれました

P8243014.jpg P8243015.jpg

野田さんは私に身を委ね? 
ハーモニカで何曲も、何曲も奏でてくれました 夢のよう。。
川の音とハーモニカ、ユーコンで野田さんを前に乗せて下るなんて
目に涙が溜まっていました

SANY1164.jpg

SANY1166.jpg

P8242991.jpg

この日は40キロ漕ぐ予定です中州に上がり、ランチの準備です
上陸すると、みんな自然に倒木や枝を拾い、薪を集めます
竹田津先生もパワフルです

SANY1237.jpg

アウトドアのプロが集まれば、火熾しもあっという間です

P8243006.jpg

久し振りの青空でみんなもニコニコです

IMG_0958.jpg

この日のランチは何かな~

続きは明日にしましょうか























PageTop

ユーコン日記連載中☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日は青空が出て喜んでいたら、直ぐに曇り空に戻ってしまいました
スッキリとした青空が見たいなぁ

P3301115.jpg  P3301116.jpg


家の前の牧草地が、日に日に顔を出してくれるのが嬉しいです
緑の牧草が風に揺れる日が恋しいなぁ

P3301113.jpg

神社の前もどんどん雪が溶けています

P3301111.jpg

ここまで鳥居の近くに来れましたよ
でも、参拝は長靴か、スノシューじゃないと、雪深そうだな

P3301112.jpg

明後日は神様の日なので、参拝チャレンジしてみます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

連載中のユーコン日記です

短期組みのを乗せた小型機が、見えなくなるまで手を振りました
私たちは後一週間、川旅を続けます
ここからは女子一人なので頑張らねば

P8232962.jpg

この日のお昼は軽めの、チーズとクラッカーと謎のスープでした
漕がない日だからこんなメニューでもいいけど、
ご飯をガッチリ食べたい男子は足りないよね

P8232950.jpg

父ちゃんは、髭も剃らず、着替えもせず、歯も磨かず?どんどん野生児になっていきます
私は寝起きで、目も腫れ、顔も腫れて真ん丸です  いつもか?

P8232951.jpg  SANY1059.jpg


野田さんともゆっくり話せる時間があり、今回お世話になっている、カヌーピープルの話や、
オーナースコットの話、40年の歴史があることなど、野田さんが辿ってきた旅の歴史や
人との繋がりの事、沢山色んな話をしてくれましたよ

P8232952.jpg

焚き火を囲んでみんなとの時間や、自分の時間も楽しみます

P8232966.jpg  P8222912.jpg

こうやって、いつも火の温もりを感じられるのは、ガイドさんのお陰なのです
ガイドのカートは薪を絶やさないように、セッセセッセと森に入り、チェーンソーで倒木を切り、
丸太を運び、見事な斧使いで薪割りをこなしていきます

P8222881.jpg

P8232941.jpg  P8222883.jpg

オリャーと思わず声を出したくなりますが、
カートはあっさり、軽々と大きな丸太を割っていきます
一発目の丸太が斧に刺さると、クルッと手首を返し、丸太が上を向き、
斧の背が下へ振り下ろされ、刃が上を向きながら丸太が真っ二つに割れるんですよ
この業は見ていても飽きず、本当にすごかったです

P8222884.jpg  P8222882.jpg

元自衛隊、小久保君も薪割りに挑戦です
カートに誉められていたよ

P8232953.jpg  

火のありがたさを感じながら、今日の夜ご飯は何かしらん
このでっかいパンはガーリックトーストです
ペーストがすでに塗ってあるので焼くだけなのです まさに焚き火サイズですね☆

P8232967.jpg  SANY1104.jpg

今年からのガイド、アンドリアンも頑張ります

P8232969.jpg

今夜のご飯はパスタでした
クリームソースがたっぷりかかり、チキンとトマトと細ネギ?のトッピングです☆
なんでネギ?と不思議な組み合わせに、?? 
具無しで食べていたラーメンに入れたかったな~と平塚
見た目は美味しそうなのですが、かなりヘビーでした
パスタを19人分一気に茹でていたので、のびのび~の膨張パスタでした
どすんと胃にきましたよ ご馳走さまでした☆

P8232970.jpg

佐本さんと竹田津先生はカヌーの名コンビです
竹先生が撮影したいポイントへ、佐本さんは軽やかに舵を取り、サポートを頑張っていましたよ

竹先生は何を見ても、何を食べても幸せだと言っていました
その、言葉のパワーで、みんな幸せな気持ちになりました
私にも常に言葉を掛けてくれて、何度も助けられました 
寛大な竹先生に感謝です

P8232968.jpg

今宵もパチパチ焚き火を囲みながら、ユーコンの夜は更けてゆきました
この日はタカサンに英語を教えてもらいました
お世話になっているガイドさんに、カードを贈りたいと思ったので、
タカサンが考えてくれた、素敵なメッセージには私も感動でした
思わずドラえもんの握手をして喜びました
タカサンにも感謝です

SANY1113.jpg

ユーコン日記明日もお楽しみに





















PageTop

曇り空とユーコン日記☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日もどんより曇り空だニャ 

P3291103.jpg P3291104.jpg

雪が冷たいニャ

P3291105.jpg

散歩に行こうかそうしようか。。

P3291108.jpg

肉球も冷たそうです 散歩に行ってきます☆

P3291110.jpg P3291109.jpg

P3291107.jpg

この後直ぐに帰ってきました
早く緑の大地が見たいね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

ユーコン日記*昨日の続きです

タケちゃんが、レイクトラウトを釣り上げ、そのまま就寝しましたが、
その前に、短期組みは最後の夜だったので、野田さんのハーモニカや
杉さんのギターでみんなを盛り上げてくれました


憧れの野田さんと、ユーコン川で同じ空間を楽しみ、ハーモニカを奏でてくれる
その豊かな時間は、明日帰ってしまうOLさんの心にグッと響き、目がウルウルになって
いる人もいました 良かったね

SANY1017.jpg

佐本さんと大谷さんも、持ち歌を披露してくれました
みんなすごいなぁ

SANY1026.jpg

SANY1010.jpg

ガイドのジョウと、インディアンティーの葉を探しに森の中へ行きました
英語の分からない平塚夫婦でしたが
ジョウは分かりやすくゆっくりとガイドしてくれました

SANY1068.jpg  P8222905.jpg

良く見かける赤い実は、ソープベリーといってクマの大好物だとか
人間が食べても美味しくないそうで・・石鹸みたいな味がするのかな?
そのほかに、フカフカの苔も、沢山水分を含んでいるので、
インディアンの赤ちゃんに吸わせたり、木の枝の葉が、頭痛薬になったりと
沢山の事を教えてくれましたよ
この時間はとてもいい時間でした
ガイドさんがいると、なにげに見ている草木にも、
一つ一つに意味があること知り、ユーコンの旅が深くなるのでした

P8222904.jpg  SANY1065.jpg

しばらく森の中を歩いて、やっとインディアンティーの葉を見つけました
葉を触ると、いい香りがします みんなで沢山摘みましょう  

SANY1003.jpg  SANY1004.jpg

ジョウと二人でハイチーズ☆ではなく、
インディアンティーでにっこりポーズ

SANY1005.jpg

早速、キッチンへ戻り、ケトルで煮出します
沸騰してから約10分間煮だし、葉を取り出します

SANY1024.jpg

色は綺麗な紅茶色で、味は紅茶と漢方を合わせたような、
心地の良い苦味もあり、これにメープルシロップを入れると最高に美味しかったです
胃腸にもいいので、みんな二日酔い対策で飲んでいました
毎日宴会しているので

SANY1025.jpg

ジョウ、ガイドしてくれてありがとうね

SANY0990.jpg

内容の濃い、長い長い一日が終わり、私も爆睡でした
次の日、朝起きるとテントの周りにも沢山のインディアンティーを発見
こんな近くにあったのね 
今日は連泊だからテントはたたまなくていいのだ

P8232965.jpg

朝起きるといつも、コーヒーが沸いています
ご飯が出来ているのがありがたいです
ガイド付きの特権ですね

フルーツはメロンも葡萄もすべて美味しいです
種が無い葡萄は皮ごとあっさり食べられます
シナモンベーグルも大ヒットでした メープルシロップとシナモンも相性は抜群で、
このメニューは家でも再現して食べていますよ☆ ベーグルが軽いのには驚きました
これを食べてしまうと、日本のは重たすぎる気がします

P8232931.jpg  P8232932.jpg

野田さんのどんぶくは、ユーコンで大活躍していました
軽くてあったかいのです

P8232940.jpg

今日は漕がなくていいんだ 連泊はありがたい時間です
洗濯をしたり、カヌーを洗ったり、いい時間でした

P8232964.jpg  IMG_0911.jpg

でも短期組みは今日でお別れなので、テントをたたんで帰る用意です
なんだか寂しいな。。

P8232936.jpg  P8232937.jpg

でもどうやって帰るの??と、みなさんは疑問ですよね
近くにハイウェイも通っていない、ユーコンのど真ん中まで、迎えに来てくれるのは・・・
なんと水上小型機がやってくるのです 短期組みは荷物をまとめて待機します

80歳のミズコさんもここでリタイヤです優しい孫のウリボーが見送ります
ウリボーは自分のテントを建てる前に、ミズコさんのテントを建て、いつも側にいて見守っていました
偉かったね 自分の時間もここからは楽しんでね

IMG_0912.jpg P8232948.jpg

昼過ぎに来るはずの小型機が大幅に遅れましたが
川を眺めながら、待っている時間もいい時間

IMG_0905.jpg  IMG_0904.jpg

フィッシャーマンタケちゃんも今日でお別れです
平塚をキャプテンと呼び、意気投合していたので、なんだか寂しいですね
ギリギリまで釣りを楽しんでいました

IMG_0885.jpg

SANY1073.jpg

ガイドさんたちがテキパキカヌーを運び、小型機に積む準備をしています

P8232946.jpg  P8232945.jpg

何をするのかと思ったら、前後に付いている三角の部分をはずし、
フィートの違うカヌーを見事に重ねてしまいました
カヌーにカバーをかけて、セツナに積む準備完了 すごいなぁ

SANY1048.jpg  SANY1049.jpg

私は疲れも出たのか睡魔に襲われて、テントで昼寝をしていると・・・・
空から小型機の飛ぶ音が聞こえてきて、急いで川へダッシュしました

IMG_0917.jpg P8232954.jpg

オオーッ 本当に目の前まで降りてきましたよ

IMG_0924.jpg

すごいです
さっき梱包したカヌーは、一緒に運ぶ為、あの位置に固定されました

IMG_0921.jpg  P8232958.jpg

ガイドのカートは、撮影隊の為に船外機を出してくれましたよ
川から降りてくる、小型機のを撮影しました

IMG_0918.jpg

IMG_0920.jpg

竹田津先生もご満悦です

IMG_0913.jpg

休みを長く取れない日本人の宿命で、短期組みはここから現実の世界へ戻ります

P8232957.jpg

タケちゃんは、『 Have A Good Trip 』 とみんなに一言メッセージを残して飛んで行きました

P8232959.jpg

P8232960.jpg

みんな気をつけてね
私たちの上空を旋回しながら、見えなくなるまで手を振りました
スケールの大きさに感動で、感動で、カヌーなんて漕いでいる場合じゃないよ
と、タカサンの一言 私も空からの川を見てみたいと思いました

P8232963.jpg

みんなは約20分のフライトで、ホワイトホースに着いたそうです
3日かけて下ったのにね

私たちはまだまだ先へ漕いで行きます

この日の夕暮れに、遠くの川岸をヤマアラシがモコモコ歩いていましたよ
見えるかな??

SANY1106.jpg

ユーコン日記☆まだまだ続きます

P8232968.jpg


























  






PageTop

3月の雪とユーコン日記☆



ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日も雪がチラチラ降り出し、どんより雲の一日でした

P3281096.jpg

P3281095.jpg

家を出ると、春の香りがプ~ンとしてきました
春の香りとは・・・堆肥の匂いの事です

P3281088.jpg

顔を出した大地から、何か餌は出てこないかと
カラスさんがトコトコ歩いていました

P3281091.jpg

P3281093.jpg

今もシンシンと雪は降っています
明日の朝は、また一面の銀世界に戻っているのでしょうか

P3281101.jpg  P3281100.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆
ユーコン日記*昨日の続きです

3日目の川旅は44キロを、約5~6時間かけて下りましたよ
瀬を降りて、連泊するキャンプサイトへ到着です
見た目良し!すごく心地よいキャンプサイトでした

P8222889.jpg

IMG_0874.jpg  SANY1061.jpg
 
私たちも、スプルースの森(フカフカの森)へ入ります
フカフカの苔を歩く感触は、とても柔らかくて、雲の上を歩いている気持ちになります

SANY1068.jpg  SANY1065.jpg

地面には妖精が沢山住んでいる・・・そんな、楽園のように見えました

SANY1066.jpg  SANY1064.jpg

着いてからは一休み・・・とはいかず、ご飯炊きの準備です
大きな寸胴で、水の吸わない硬い外国米を、薪で炊くのがとても難しく、毎日試行錯誤でした
隊長と水加減を調節したり、平塚も野生の感で、ワインを入れて炊き、
仕上げにバターを入れて蒸らす所まで辿りつき、旅の終わる頃には、
完璧に美味しいご飯を食べる事ができました 
男性の方が、焚き火料理は上手いですね

SANY0729.jpg  P8222899.jpg

今晩のメニューは、隊長が日本から持ってきた、カレールーで、
みんな大好きカレーライスを作りました
といっても、ほとんど隊長と、平塚、タカサン、佐本さんでテキパキ作ってくれました

ガスがもったいないので、ある程度調理したら焚き火でコトコト煮込みます

P8222896.jpg  P8222887.jpg

みんなはその間・・・昼寝をしたり、自由に釣りをして楽しんでいました
この時間を楽しまなきゃね 

SANY1073.jpg

野田さんが言う、ここは世界一、魚の釣れる場所 というだけあって
竿を振るたびに、グレイリングが入れ食いで釣れましたよ

P8222893.jpg

私もせっかく、釣りのライセンス代を払ったので、
釣り師Dr.にルアーの振り方を教えてもらいました
4投目で見事にグレイングを釣り上げ、感動の初ヒットです
Dr.の指導も分かりやすく、初心者のOLチームもみんな自分で釣った魚に大喜びでした

お約束で? 食べちゃいました~

P8222891.jpg  P8222892.jpg

みんなで釣った、グレイリングのムニエルは、美味しくパクパク頂きました

P8222898.jpg  P8222897.jpg

P8222900.jpg  P8222903.jpg

ユーコンで食べるカレーライスも最高でした 日本万歳(^^*)!
重たいカレールーを持ってきてくれた、隊長にも感謝です

P8222902.jpg  P8222901.jpg

ここは、ボズウェルリバーとの合流地点です
この川の水はとても冷たく澄んでいました 
一人の時間も大切なので、散歩していたら、荒山さんもこの空間を楽しんでいました
雲の間からの光が綺麗でした

P8232942.jpg  P8232944.jpg

この日は短期組、最後の夜です 
オーロラは出るかな?

P8222919.jpg

フィッシャーマン*タケちゃんも、最後の夜です
日が暮れるまで釣りを楽しんでいました
狙うはサーモンか!!!

IMG_0910.jpg

P8222918.jpg

おっと、釣れたのはサーモンかな??

P8222926.jpg

ガイドのカートに、棒でとどめの一撃されたのは、レイクトラウトという魚で、
ここで釣れるのはとても珍しいと、カートも驚いていました
さすがタケちゃんです 
お腹を裂いたら、中からマウスが出てきました 丸呑みです

P8222927.jpg  P8222928.jpg

P8222929.jpg  P8222930.jpg

魚はホイルを巻いて蒸し焼きにし、美味しかったと好評でした
私は・・・睡魔に勝てず、食べずに眠ってしまいました

テントに入ると・・・
爆睡した平塚のイビキ攻撃に襲われ、最悪でした
これじゃ~グリズリーもビックリです

P8222848.jpg

そんなこんなで3日目の夜が更けて行きました

ユーコン日記まだまだ続きます
次回もお楽しみに~

















  








    



















PageTop

ユーコン日記☆


ようこそ ノースイーストカヌーセンターへ
   釧路川の源流*湿原をカナディアンカヌーでご案内しています

只今ホームページ更新中で、大変ご迷惑をおかけしています

ツアーの詳細は、右側・カテゴリ-『 カヌーツアーの詳細☆ 』 をクリックしてくださいね

ほぼ毎日、こちらの様子をブログUPしていますので、
季節ごとの釧路川や道東の表情を楽しんで下さい

    ☆ ノースイーストカヌーセンター ☆  
         電話・・・015-482-5131
         FAX・・・015-482-5150   
         メール・・  info@north-east.jp
         住所・・・  ノースイーストカヌーセンター☆
                北海道川上郡弟子屈町高栄1-5-4

         お気軽にお問い合わせ下さい


   イラスト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

今日は、一日忙しいお天気でした

P3271079.jpg P3271080.jpg

雨の音が聞こえていたと思ったら・・・雨から雪に変わっていましたよ
雪は結構強く降っていました

P3271077.jpg  P3271081.jpg

しばらくすると、青空も、うっすらと顔を出してくれました

P3271087.jpg

P3271084.jpg

今日は一日忙しいお天気でした

P3271085.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~☆

ユーコン日記です

キャンプして2日目の夜も、焚き火を囲みながら、豊かな時間を過ごしました
竹田津先生のいい話を聞き、野田さんのハーモニカも心にグッと来て、
なんて幸せで贅沢な時間なんだろうか、と、今をかみ締めて楽しんでいたよ

P8212845.jpg

残念なのが、オーロラが見えない事・・・短期組みは明日がラストデイなので、
みんなで見れるといいね!と話すと、ガイドのカートが、火を囲んでオーロラダンスすれば見れるんじゃないの?!と、ジョーダンを言っていた 遠くの雲が綺麗に光っていたけど、
オーロラではなく、夕暮れだったようで・・・。。でも、夜11時に見る夕暮れも悪くなかったよ

SANY0848.jpg  P8212847.jpg

3日目の朝ごはんは、フルーツにマフィンが綺麗に盛られて出てきました
私の大好物ばかりです

SANY0849.jpg

でもこれだけ??と思ったら・・・
フルーツサラダ、ベーグルにピーナッツバター、ベリージャムがドカンと出てきました

P8222849.jpg

P8222851.jpg

そしてぶ厚いハムとゆで卵です
卵の黄身が白いのにはビックリでした 
食べる餌で黄身の色も変わると聞きました~なるほどな

P8222850.jpg  SANY0853.jpg

モリモリ食べた後は、キッチンの片付けも手伝い、テントをたたみ、
大量の荷物をカヌーに積みますなんだかんだ時間がかかり、
出発は10時になりました

この日のコンビは小久保君です
パワフルエンジンなので助かりました
彼は探検家で、サハリンを単独で横断中
この旅が終わったら、またサハリンへ行くと聞いてビックリでしたが
色んな話が出来て面白かったです

P8222852.jpg

太陽が顔を出さないと、日に日に気温は下がり、かなり冷え込んできます

P8222861.jpg

この日から、流れは早くなったので助かりました
タケちゃんとDrがコンビです

P8222877.jpg  P8222879.jpg

最年少、初心者チームも表情に余裕が出てきましたね

P8222876.jpg

小山ちゃんは、憧れの野田さんと乗れて良かったね

IMG_0731.jpg

大谷さんと荒山さんチームは、漕げ漕げ隊なのでいつも先頭を走っていました
やっと追いついたよ~

IMG_0762.jpg

佐本さんは、竹田津先生と名コンビで下ります

IMG_0777.jpg

IMG_0771.jpg

私もたくましく漕いでますよ~

IMG_0792.jpg

平塚艇は途中から、3艇つないで漕いでいました
OL三人組です

IMG_0803.jpg

ギャルを乗せたカヌーの後ろは?!こんな感じになってまーす

IMG_0801.jpg

トイレタイムで森の中に入ります
クマの足跡が沢山ある森の中、一人トイレをするのはドキドキものです
でも、このドキドキ感を味わいたかったので、いい緊張感でした
笛を直ぐ吹きながら奥へ入りました 苔のフカフカ感が素敵
沢山のベリーの実 足元にも秋がありました
北海道には無い感触、風景に感動でした

P8222865.jpg  P8222862.jpg

3日目も川旅は長く、44キロ漕いでいました

お昼は船上ランチです  お腹ぺこぺこです

ガイドのアンドリアンとカートが美味しいサンドウィッチを作ってくれました
カフェで食べるランチのように美味しかったです

P8222868.jpg  P8222869.jpg

母船でみんなを見守る杉隊長は、料理の名人で、
みんなの食べたいものを作ってくれます
この日はラーメンもプラスされ、寒かったので身も心も温まり、助かりました

P8222867.jpg  P8222870.jpg

P8222873.jpg

みんな満腹幸せで、エネルギー満タン!!
ゴールまで頑張ろう

SANY0952.jpg

SANY0882.jpg

SANY0932.jpg
ガイドのジョウもソロ艇で頑張ります

SANY0949.jpg

やっと、この日のキャンプ場に到着です
長い距離を漕ぐのは、連泊する為なので、ここで2泊する予定です
瀬を下りながら、右岸に着艇させるのは、少し高度なワザが必要で、
流されないように注意しました
ジョウにナイスパドリングと誉められたよ

P8222890.jpg  P8222889.jpg

続きはまた明日にしましょうか






PageTop